\ ポイント最大10%アップセール! /

【COUMI Freedom Dots ANC-861レビュー】4000円以下でANC対応の完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは、最近はワイヤレスイヤホンにハマっているmatuです。

今回はCOUMI「Freedom Dots ANC-861」の紹介です。

2021年から低価格でANC対応した完全ワイヤレスイヤホンがふえてきました。

SONYやBOSEのハイエンドイヤホンには劣りますが4,000円台でANC機能、防水、外音取り込みが搭載されているイヤホンはなかなかありません。

そんな中登場したのが4,000円台で購入可能なCOUMI「Freedom Dots ANC-861 」です。

ホワイトカラーの本体はシンプルなデザインであつかいやすく、肝心な音質は全体的にバランスがととのっている。最近の中国製品のクオリティはここまで高くなっているのかと驚きをかくせないほどの仕上がり

安くてお手ごろなイヤホンをさがしている人に、ぴったりなイヤホンCOUMI「 Freedom Dots ANC-861 」を今回は、実際に購入してみたので、使用感や音質・性能について、できるかぎりこまかく紹介していきます。

低価格のイヤホンをお探しの人はぜひ参考にしてくださいね!

メリット
デメリット
  • IPX7の防水規格を採用
  • 外音取り込む機能がしっかり発揮してくれる
  • 音声通話は実用OK
  • イヤーピースが各サイズ2セット付き
  • ANC(アクティブノイズキャンセリング)を体験できる
  • 感圧センサーの操作には慣れが必要
  • 音量調節の操作ができない
  • 電源オン時は ANC(アクティブノイズキャンセリング)がデフォルト
  • ANC試聴時はバッテリーの持ちが悪い
  • ワイヤレス充電非対応
matu

お手頃な価格なので手が出しやすいイヤホです。

目次

COUMI「Freedom Dots ANC-861 」の概要とスペック

特徴について

Freedom Dots ANC-861最大の特徴は、4000円以下で最大35dBのノイズキャンセリング性能を実現していることです。ハイエンドのイヤホンとは比べものになりませんが、値段相応の効果を発揮してくれます。

その他に、イヤホン本体が最大6時間ですが、充電器本体と一緒に持ち運べば最大36時間の音楽再生が可能なので通勤・通学などに活躍していれること間違いないです。

Freedom Dots ANC-861の特徴
  • ハイブリッド式アクティブノイズキャンセリング搭載
  • 外部音取り込みモード搭載
  • 防水耐汗仕様とIPX7防水規格に対応
  • 12.5mmの複合振動板とBluetooth 5.2のチップセットを採用
  • ノイズリダクション機能
  • 最大36時間の音楽再生が可能

また、IPX7防水規格に対応しているもメリット、外で雨が降ったり汗をかいても安心して音楽をお楽しむことができます。

スペックについて

Freedom Dots ANC-861のスペックについて紹介。

Freedom Dots ANC-861のスペック表
Freedom Dots ANC-861
充電端子 Type-C
対応コーデック SBC,AAC
イヤホンタイプ カナル型
イヤホン再生 両耳・片耳
イヤホン再生時間 イヤホン本体:最大6時間
ケース込み:最大36時間
充電時間 2時間
ノイズキャンセリング機能 搭載
ドライバーユニット  12.5 mm
外音取り込み機能 搭載
再生モード 通常・ノイズキャンセリング・外音取り込み
Bluetoothバージョン Bluetooth5.2
Bluetooth有効範囲 10m
防水性能 IPX7
カラー ホワイト
重量 59g
製品サイズ 5.6×6.6×2.6cm

対応コーデックがSBC,AACなのは残念なところ、ですが最新のBluetooth 5.2と防水性能IPX7に対応しているのがこのイヤホンの良いところです。

matu

この価格帯で防水性能IPX7対応なのが嬉しいポイントです。

COUMI「Freedom Dots ANC-861 」の同梱品と外観

同梱品について

Freedom Dots ANC-861の同梱について紹介します。

箱はスリーブ箱を採用。上下どちらかに押して開くデザインになっています。

Freedom Dots ANC-861の同梱
  • Freedom Dots ANC-861本体
  • 充電ケーブル(USB-CーUSB-Aケーブル)
  • イヤピース(S /M/L)
  • 説明書
  • クイックガイド

同梱品で気になったのは、どのイヤホンメーカー共通の電源アダプタが付属していないところ。手持ちのアダプタを流用するかお持ちでないなら下記のような充電アダプタを入手するようにしましょう!

外観について

Freedom Dots ANC-861の外観について紹介していきます。

充電器本体は横置きタイプで、白を基調としたマットな質感と光沢のある表面をあわせたシンプルなデザイン。

裏面は充電端子とインジゲータが配備。端子はUSB Type-Cと他社と併用ができる仕様となっています。

本体の中身はイヤホンが取り出しやすいよう斜めに収納されてます。

左右には、イヤホンの収納・充電のお知らせをしてくれるインジゲータとイヤホンの収納部には磁気端子が配置。

イヤホン本体はカナル型で俗に言う「うどん型」のイヤホンです。

スティック部分は感圧センサーを配置。タッチやボタンとも異をなす、新機軸に慣れは必要ですが、誤操作も減ると思えば便利な機能です。

充電器本体の重さは49g、イヤホン単体の重さは10gで総重量は59gと卵一個(60g)分と同じ重量感です。

COUMI「Freedom Dots ANC-861 」の設定(ペアリング)と操作方法

ここでは、COUMI「Freedom Dots ANC-861 」のペアリング方法と感圧センサーを利用したモードの切替や音楽操作のコマンドの操作方法を解説していきます。

ペアリング方法(iPhone編)

Freedom Dots ANC-861のペアリング方法を簡単に紹介していきます。

STEP
スマホのホーム画面から「設定」をタップ。
スマホのホーム画面から「設定」をタップ
STEP
設定からBluetoothを選択。(OFFの方はONにする)
STEP
イヤホンの充電ケースを開く。
STEP
「その他のデバイス」から「Freedom Dots ANC-861」を選択
Freedom Dots ANC-861」を選択
STEP
「接続」を選択し「Freedom Dots ANC-861」とペアリングを完了させる。
「接続済み」となれば成功
STEP
最後に「接続済み」となれば成功です。
matu

ぺアリングを一度してしまえば後はイヤホンを取り出すだけで再生機器と接続してくれます。

イヤホン本体の操作方法

Freedom Dots ANC-861の操作機能はスティック部分の凹みをタップすることで操作する感圧センターを採用。操作はシンプルでクセがなく、初めての人でも快適に操作をすることができますよ。下記に簡単な操作方法を紹介します。

イヤホンの操作
音楽再生
音楽を再生/一時停止 左右どちらかのイヤホンを1回押す
次の曲へ 右のイヤホンを2回押す
前の曲へ 左のイヤホンを2回押す
通話
電話に出る 左右どちらかを1回押す
電話を切る 左右どちらかを1回押す
着信拒否 左右どちらか2秒長押し
音声アシスト 左右どちらか3回押す

試聴してわかったことは、少し反応がにぶいといいますか、凹みの部分を強く押さないと反応しないところがあります。

簡単には反応しないので、ミスタッチの防止にはなります。ただ、軽くタッチを求めている人にとってはストレスを感じる仕様と言った印象。

センサー

誤操作も減ると思えば便利な機能ですがこの辺りは好みが分かれそうです。個人的に装着時に誤操作をしなくてすむのでありがたい機能です。

また、音量の調整ができないことがデメリット。音量調整をするには再生機側で行う必要があります。

COUMI「Freedom Dots ANC-861 」音質

音質は、低音のパワー感も高音の伸びを感じないないですが全体的にバランスが取れた普通といった印象。

学業で例えるなら、「オール5」ではなく「オール3」といったところです。

音の解像感は高くはないですが価格相応の印象。

激しいドラミングでも音がつぶれる事もなく、音にこだわりのある人でなければ価格以上の音質といえます。

Amazonより引用

試しに米津玄師「Lemon」を試聴してみると、重低音はしっかり「ズン!」と頭の中で響く感じ、中音域は可もなく不可もなく聞きやすくボーカルの声が心地よく聴くことができました

これが、ロックになるとドラムはオフ気味に聞こえ位置は近くに感じます。スローなギター曲のようなしっとりした曲はいい感じに響きますが、アップテンポの曲になると、音に元気さは無く物足りなさを感じます。

全体としては、低音強めで高音弱めという、COUMIらしいバランスとなっています。

高音域が稀に割れることもあったり、総合的な解像度とかはすごく優れたものとは言えませんが、値段を考えれば優秀なイヤホンと言えます。

これまでCOUMI製をいくつかレビューしています。気になる方は下記の記事も読んでみてください。

COUMI「Freedom Dots ANC-861 」レビュー

ここからは、COUMI「Freedom Dots ANC-861 」を実際に使ってみた使用感を細かく紹介していきます。

カナル型のイヤホン本体は、充電器本体から取り外しやすく、はじめのペアリング(設定)も機械が苦手な人でも迷わず簡単に設定することができます。

装着時は、タッチ式でなく感圧式の斬新な機能を搭載しているため、誤操作することがなく快適に音楽を楽しむことができます。

また、低音がそれほど強くなく自然な感じで、ホワイトノイズはあるものの、「サーー」といった感じの高音域は違和感を感じません。全体的にバランスのいいイヤホンといった印象です。

ノイズ除去については、ハイブリッド式アクティブノイズキャンセリングを搭載していますが、完全に音をかき消すまでとはいきませんが、価格相応の効果を発揮してくれます。私が持っている同メーカーのANC-860より若干の性能向上を感じました。

また、あってほしい防水機能も搭載しているから、運動時や入浴中も気兼ねなく音楽を聴けるのは嬉しい限りです。

低価格帯で勝負するならば「SoundLiberty Pro P10」が挙げられますが、スペックは両者共に「–35db」低減の効果。価格で見るならFreedom Dots ANC-861の方が優れていると言っても過言ではないです。

matu

4000円台のイヤホンと考えればコスパの良いイヤホンです。

音の遅延|aptXは非対応ながら気になるほどの遅延は感じない。

コーデックはSBCとAACを採用。Android向けの「aptX」は非対応となっています。

100%遅延を感じないわけではないですが、iPhoneで音楽を試聴しても気になるほどの遅延は感じませんでした。

余談ですが、再生機器から離れてしまえば、建物や物質が障害となって遅延することがあります。

その様な時は初期化して、再ペアリングをしてみてください。単純な作業ではありますが、場合よっては遅延や音飛びが改善することがありますよ。

ノイズキャンセリング|自分の世界に集中できるほどの効果はある。

Amazonより引用

Freedom Dots ANC-861はフィードフォワードとフィードバックを組み合わせハイブリッド式アクティブノイズキャンセリングを採用。

ハイブリッド式アクティブノイズキャンセリングとは

フィードフォワードは外側にマイクを設置する方式で、比較的安価なノイズキャンセリングイヤホンで使われることが多く効果が低い。そこに、内側にマイクを設置するフィードバック方式を合わせることでより高いキャンセリング効果を実現できる仕組み。

音楽を再生した瞬間、屋内のエアコンや食洗機などの機械音はかき消され、自分の世界に集中できるほどの効果があります。

3万円クラスのものと比較になりませんが、1万円前後の良機種と肩を並べることができるのではないかと思うくらいの効果があります。

matu

この価格でこの機能なら大変満足です。

外部取り込み(アンビエントモード)|周囲の騒音が入ってくるほどの外音が強め

Amazonより引用

Freedom Dots ANC-861はイヤホンを付けたまま音楽を止めなくても楽しむことができるアンビエントモード(外部取り込みモード)を搭載。

切り替え方法は簡単で、ノイズキャンセリングモード時に、左イヤホンの感圧センサーを長押しすだけでアンビエントモードに切り替わります。

ノイズキャンセリングの効果を聞かせながら外部の音を取り込むので、今まで自分の世界に入り込んでいた空間に、室内なら「エアコン」や「食洗機」の機械音が屋外なら車や電車などの周囲の騒音が入ってくる感じです。

切り替え方法

ノイズキャンセリングモード」→左イヤホンを1秒長押し→「アンビエントモード」に切り替え完了

車や電車の音が聞こえなければ命の危険に面する恐れもあるので、安全面を考慮するなら大変便利な機能です。

私は、ウォーキングやランニング時に外部音がないと不安なのでこのモードを必ず利用するようにしています。

イヤホンを装着したまま音楽を楽しみたいのなら、アンビエントモード(外部取り込みモード)を有効にして安全を優先するようにしましょう。

matu

屋内ならノイズキャンセリングモード、屋外ならアンビエントモードで使い分けよう。

通話品質|クリアで価格相応の品質

通話性能は屋外でも相手の声が聞こえるクリアで実用的なレベルです。

ノイズリダクション機能を搭載してこともあってしっかりノイズもがカットされていている。強風や大雨でなければ屋外でも問題なく通話が可能です。

ただ、電波の弱さなのか場所の問題なのかわかりませんが、少し人の声が遠くに感じる時がありますので価格相応の品質と捉えてもらえると良いかと思います。

ノイズリダクション機能とは

画像・映像・音声の信号データに含まれるノイズを検知し、軽減・除去する機能。

装着感・イヤピース|耳のサイズに合えば密着感は抜群!

Freedom Dots ANC-861はイヤピースを先端に装着するカナル型です。付属のイヤピースを耳のサイズに合わせれば密着感は抜群、長時間の使用でも 痛みなどを感じることがなく装着感は良好です。

イヤーピースの表面はサラっとしていて柔らかい楕円形。耳にしっかり留まるのではなく、乗っているだけの感じが強いです。しっかり留まる感じが良い人にとっては物足りなく、この辺りは好みが分かれそうです。

とはいえ、付属のイヤピースはしっかり耳にフィットし、長時間つけていても耳は痛くならない。はじめから市販品を購入するのではなく、まずは、自分のサイズに合わせて付属のイヤピースを楽しむのも悪くはないです。

もし、楕円形が苦手だと感じている人は、汎用のイヤーピースもつけられるのでこちらをおすすめします。

バッテリー|外出するなら充電本体が必須

Amazonより引用

イヤホンの最大の難点ともいっていいのがバッテリーの再生時間です。ノイズキャンセリングモードで試聴すると約4時間、ノーマルモードで約6時間の再生時間でした。

通勤、通学時の少ない時間なら問題ないでしょうが、長時間の外出なら少し心もたないです。外出時には充電ケースを必ず携行することをおすすめします。

matu

外出時に使えないと困るから本体は必須でだよ。

COUMI「Freedom Dots ANC-861 」をおすすめしたい人

Freedom Dots ANC-861はこんな人におすすめなイヤホンです。

Freedom Dots ANC-861がおすすめな人
  • 低価格のイヤホンを探している人
  • はじめてイヤホンを考えている人
  • ノイズキャンセリングを試して見たい人
  • 低価格の中で防水機能つきワイヤレスを探している人

Freedom Dots ANC-861を一番おすすめしたい人は低価格のイヤホンを探していいて、且つはじめてワイヤレスイヤホンを探している人です。

はじめからハイスペックのイヤホン一択で購入する人がいます。しかし、中にはどれを購入したらいいかわからない人や音質にこだわらない人もいることでしょう。

そんな人に、扱いやすく、バランスの取れた音質にノイズキャンセリングが搭載したFreedom Dots ANC-861を試して欲しいです。値段もお手頃なのでワイヤレスイヤホンの入門編的といえるイヤホンです。

matu

バランスが取れた音質だから初心者の方におすすめ!

COUMI「Freedom Dots ANC-861 」レビューまとめ

この記事は「Freedom Dots ANC-861レビュー」4000円以下でANC対応の完全ワイヤレスイヤホン」について書いた記事です。

Freedom Dots ANC-861の特徴をまとめると!

Freedom Dots ANC-861の特徴
  • ハイブリッド式アクティブノイズキャンセリング搭載
  • 外部音取り込みモード搭載
  • 防水耐汗仕様とIPX7防水規格に対応
  • 12.5mmの複合振動板とBluetooth 5.2のチップセットを採用
  • ノイズリダクション機能
  • 最大36時間の音楽再生が可能

Freedom Dots ANC-861は総合的に良くできたTWS。AirPods Proに似ているので装着していても悪目立ちしません。

低価格ながら完全ワイヤレスでノイズキャンセリング、外音取り込み、防水機能に対応。イヤホン操作や設定が簡単であるからコアなイヤホン利用向けと言うよりイヤホン初心者におすすめしたいイヤホンです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる