【COUMI ANC-860レビュー】6000円以下で購入できるANC対応のインナー型の完全ワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク

こんにちは!matuです。

完全ワイヤレスイヤホンの中で、最近流行りのアクティブノイズキャンセリングはハイエンドモデルの商品だと高くて手が出せないですよね?

しかし、最近では低価格帯(6,000円以下)のイヤホンにもノイズキャンセリングが実装されるようなってきました。

そこで、今回紹介するのがCOUMI製の 「ANC-860」です。

ハイエンドモデルに比べ機能は劣りますが、部屋の空調音など低めのノイズはしっかり軽減してくれるアクティブノイズキャンセリングを搭載。

iPhoneユーザー向きのAACコーデックに対応し、雨やシャワーでも耐えれるIPX7防水対応、設定や操作がとても簡単な「COUMI ANC-860」をこの度、メーカー様よりご提供頂いきましたので使ってみた感想を紹介していきたいと思います。

アクティブノイズキャンセリングが使えるモデルとしてはかなり安いので、初めて体験してみたい方の参考になればと思います。

本記事はメーカー様より商品をご提供頂き作成しています。

スポンサーリンク

COUMIとはAmazonで人気のイヤホンメーカー

ワイヤレスイヤホンの専門メーカーとして、10年以上の実績。

卓越した技術と革新的なデザインに「ハイクオリティな音質のイヤホン」を提供することを心がけている企業です。

Amazonでは、COUMI ANC-860以外に何点か出品しています。

COUMI ANC-860の使用感は低価格帯ながらANCを体感できる。

イヤホンの感想を先に述べると、アクティブノイズキャンセリング機能は低音のノイズ軽減が問題ないのですが、高音となると臨調感を感じる事ができず物足りなさを感じます。

しかし、6,000円以下でANCの低音の響きと迫力のあるサウンドを楽しむことができるのは間違いありません。

また、インナーイヤー型でありながら特殊なイヤーピースを採用しているから耳の中が痒くならないのも特徴で、音楽を長い く聴いていたい人や防水機能も搭載していれので、お風呂や雨天でも利用したい人にとっておすすめなイヤホンの一つと言えます。

とはいえ、これだけでは説明不足なのでもう少し深掘りして説明していきます。

アクティブノイズキャンセリング機能とは

アクティブノイズキャンセリング機能とは、遮音性能を高めるため、外部の音(ノイズ)が聞こえないようにする技術で大音量の音楽が耳に与えるダメージも抑えられ、難聴のリスク回避されると言われています。

COUMI ANC-860のスペックと概要

COUMI ANC-860のスペック

COUMI ANC-860のスペックを紹介します。

充電端子

Type-C

対応コーデック SBC、AAC
ノイズキャンセリング機能 搭載
チップ Realtek RTL8773BFR
充電時間

約1.5時間

稼働時間

ケース込み;41時間(ANC OFF)

ケース込み;30時間(ANC ON)

本体(単体);7.5時間(ANC OFF)

本体(単体);5.5時間(ANC ON)

充電時間 約1.5時間
ドライバー 12.5mmダイナミックドライバー
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.1
Bluetooth有効範囲 10m
防水性能 IPX7
カラー ブラック
重量

充電ケース:70g  

イヤフォン(左右各): 13g

特徴は、なんと言っても低価格帯でありながらアクティブノイズキャンセリングに対応していること。

また、Bluetooth5.1にも対応しているから消費電力を極限まで抑える事ができるので、一回の「フル充電状態」なら最大7.5時間の連続再生、充電ケースなら最大41時間の再生が可能。

通勤・通学に利用するなら毎日充電する必要がなく、上手く使いこなせれば一週間充電しなくても良さそうです。

matu
matu

勤通学はもちろん、自宅での学習にも最適です。ANC対応で音楽を楽しみましょう。

COUMI ANC-860の同梱品

COUMI ANC-860の同梱品の紹介をします。

  • ワイヤレスイヤホン本体
  • 充電ケース
  • USB Type-C充電ケーブル
  • イヤーピース(S/M/L 各2ペア)
  • 取扱説明書(日本語あり)
  • クイックスタートガイド

COUMI ANC-860の説明書は親切で、英語、フランス語、日本語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語に対応。

機器に弱い人でも、日本語ページもあるので英語が苦手な方でも簡単に設定する事ができます。

専用のイヤピースはサイズが豊富で「S・M・L」とあり「5セット」も袋に入っていいてイヤホン本体にもセットされているので合計6セットあることになります。

これは、長く使いたい方にとって安心できるポイントですね。

COUMI ANC-860の外観

充電ケースのカラーはブラックの一色、デザインほ丸く球体で可愛らしいクラムシェル型

マットな質感の高級感は老若男女に親しみやすいデザイン。

また、落下を防ぐためなのか、充電ケースの左上に「レザーのストラップ」がくくりつけられていました。

充電ケースの背面から伸びるストラップが他のイヤホンにない仕様、この辺りは、おしゃれとみるか実用的と見るかは好みが分かれそうです。

ケースの底には技適認証マークと充電ケースのスペックが記載されています。

また、外箱のパッケージ裏にも、わざわざシールで表記が追加されいています。この辺りは、日本向け対応の良さが見受けられます。

matu
matu

海外の商品を購入するなら技適認証マークがあるものを選びましょう!

充電ケースを開けるとイヤホンを正しく収納できるよう「L・R」の刻印がされています。(中央にある点は充電をお知らせするLEDランプです)

ですが、イヤホン本体の左右を区別する「L・R」表記がないので、一度手から離れてしまうと見分けがつかなくなるので注意が必要です。

新品開封時のイヤホン本体は、動作しないよう安全を考慮して絶縁シール(バッテリ劣化も防止)が貼ってあるので、仕様前に必ず剥がしてから使うようにしてくださいね。

イヤホンはSONYのイヤホンに似たような楕円型なデザイン。「coumi」のロゴが印字してあり、タッチパネル部分は「円形のくぼみ」になっているので操作がしやすいです。

イヤーピースは、独自のデザインにより耳の穴へ挿し込むことができる仕様にメーカー側の配慮が伝わってきます。

これにより、つけた感じは軽めく圧迫感がありますが密着感を得られます。また、イヤピースのサイズは「S/M/L」の3種類用意されているのでどんな方でもサイズに合わせて利用することができます。

イヤホンの重量はL・Rの両耳あわせて「13g」ワイヤレスイヤホンの中では平均的な重量。

充電ケース込みでの合計重量は「70g」と物に例えるなら単2電池、食べ物なら食パン6切り5枚分の重さになります。

バッテリーは、ANCをONにしながら使用すると充電ケースだと30時間、イヤホン単体だと5.5時間とANCをOFFしている時より2時間ほど再生時間が下がります。しかし、それでも平均的な再生時間なので悲観することのない数字です。

ちなみに充電中の写真なんですが、ケースとイヤホンはどちらもLEDで状態判別が可能になってます。

お気に入りのイヤホンとCOUMI ANC-860イヤホンを比較してみました。

COUMI ANC-860をよく知ってもらうために、私のお気に入りワイヤレスイヤホンと外観を比較してみました。

製品写真
製品名 SoundLiberty92

ANC-860

再生時間  約5時間

本体(単体);7.5時間(ANC OFF)

本体(単体);5.5時間(ANC ON)

Bluetooth コーデック AAC/SBC AAC/SBC
ノイズキャンセリング 非対応 ANC対応
防水性能 IPX7生活防水 IPX7生活防水
製品重量

充電ケース:33.6g  

イヤフォン(左右各): 4.7g

充電ケース:70g  

イヤフォン(左右各): 13g

充電ケースの大きさは 「TaoTronics SoundLiberty 92」 の方が小さいデザイン。

ですが、イヤホン本体は「COUMI ANC-860」の方が本体は小さく再生時間も長い。 

左:TaoTronics SoundLiberty 92  右;COUMI ANC-860

また、「COUMI ANC-860はアクティブノイズキャンセリング搭載に対し「TaoTronics SoundLiberty 92」 は非搭載。今までお気に入りだった「TaoTronics SoundLiberty 92」は「COUMI ANC-860」によってその座を変わる存在となりました。

左:TaoTronics SoundLiberty 92  右;COUMI ANC-860

ここで比較したTaoTronics SoundLiberty 92」について興味のある方は下記の記事で紹介しているので読んでみてくださいね。

【TaoTronics SoundLiberty 92 レビュー】5000円以下で買えるコスパ型のインナーイヤーイヤホン!
こんにちは!ガジェット大好きmatuです。ワイヤレスイヤホンを購入する時って迷いませんか。高価なイヤホ...

matu
matu

お待たせしました!それではCOUMI ANC-860のレビューを紹介します。

アクティブノイズキャンセリング搭載のCOUMI ANC-860レビュー

COUMI ANC-860を再生機器とペアリングする方法

まず、イヤホン本体と再生機器との接続設定(ペアリング)方法を紹介します。

この設定はとても簡単で一度設定してまえば、以降はイヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動で接続されます。

ペアリング(iPhone編)流れ

ホーム画面から「設定」をタップ

「設定」からBluetoothを選択(OFFの方はONにする)

「COUMI ANC-860」イヤホンの充電ケースを開く

「その他のデバイス」から「COUMI ANC-860」を選択

「接続」を選択し「COUMI ANC-860」とペアリングを完了させる。(接続となれば成功)

それでは設定手順を紹介していきます。

①スマホのホーム画面から「設定」をタップ。

「設定」からBluetoothを選択(OFFの方はONにする)

③イヤホンの充電ケースを開く。

「その他のデバイス」から「COUMI ANC-860」を選択

「接続」を選択し「COUMI ANC-860」とペアリングを完了させる。

⑥最後に「接続済み」となれば成功です。

matu
matu

この手順で進めれば5分ほどで簡単に設定が完了するよ!

COUMI ANC-860のを使って分かったメリット

COUMI ANC-860を使ってわかったメリットを紹介します。

メリット
  • イヤピースのつけ心地がよく長時間でも痒くも痛くもならない。
  • ノイズキャンセリングの入門として最適なイヤホン。
  • 低価格でありながら音のバランスがいい。
  • 大容量バッテリーだから一回の充電で数日間の利用が可能。

以上です。

それでは、この中から的を絞ってメリットを紹介していきます。

イヤホンはつけ心地がよく長時間でも痒くも痛くもならない

何度もお伝えしていますが、イヤホンのタイプは「インナーイヤー型」であり、カナル型に比べつけ心地は軽やかな反面、音が溢れやすい特徴があリます。

通常のイヤピースであれば着け続けると耳が痒くなりますが、COUMI ANC-860のイヤピースは「特殊なイヤーピース」を採用しているので長時間つけていても痒くならないように作られています。

人間工学に基づいたインナーイヤー型を採用し、3種類のサイズの柔らかいの傘形イヤーピースに加えて、快適で安定した着け心地と遮音性をもたらします。

https://www.amazon.co.jp/COUMIより引用

イヤホンを一週間使ってみましたが、確かに長時間つけていても耳は痒くなりません。

また、痛くなることもないから気にせず音楽を聴くことができるので快適です。

ノイズキャンセリングの入門に最適なイヤホン

COUMI ANC-860は、外と内の雑音を検知しノイズを除去するアクティブノイズキャンセリング機能を搭載。

室内の効果は、音楽を再生した瞬間に換気扇の音やエアコンの音がほとんど消え、室内コールやスマホの音も掻き消される効果を発揮します。

屋外での音質は屋内と変わりがありませんが、風が強い日には、マイクが風切り音を拾い「ザワザワ」っとノイズ音がします。

しかし、そのような時は、左のイヤホンを「2回タップ」することで、ANC機能をOFFし風切り音を簡単に消すことができます。

ノイズキャンセリングの切り替え

左のチャンネルボタンをダブルクリック

「ANCオン→ANCオフ」に切り替わる。

このように、屋内外での状況に合わせた使い方が簡単にできるのでノイズキャンセリングイヤホンをはじめて購入したい方におすすめと言えます。

低価格でありながら音のバランスがとてもよい。

音質は、低音も高音も良く出ていて「12.5mmの大口径ドライバーユニット」を搭載していることから、音量を大きくして視聴すると、低音は耳の穴の中で震えてしまうほどの音質を体感できます。

高音は、ハイエンドの「ソニー」や「BOSE」の比べそこまでドライバーユニットが優れていないのでどうしても音が割れてしまいます。

この辺りは、6.000円以下と考えれば低音も高音もそこそこバランスが取れているイヤホンといえます。

COUMI ANC-860を使って分かったデメリット

COUMI ANC-860を使ってわかったデメリットを紹介します。

デメリット
  • イヤーピースが外れることがある。
  • 低音は強めだが高音は弱い。
  • 充電ケースの充電LEDがわかりずらい。
  • 外音取り込みが強い

以上です。

それでは、この中から的を絞ってデメリットを紹介していきます。

イヤホンを外す時にイヤーピースが外れることがある

特殊なイヤーピースのおかげで着け心地は良いのですが、たまに、イヤホンを取り外す際にイヤーピースが外れることがあります。

外れるといっても完全ではなく、イヤピースがイヤホンからズレてしまう感じです。

ズレていることに気づかなければいつか外出中にイヤーピースを紛失しそうでこのあたりは、今後の製品開発の参考にしていただきたいところです。

また、イヤホンが特殊なデザインなので、他社のイヤーピースを取り付ける事ができません。

なので、付属のイヤピースはなくさないよう保管方法に注意する必要があります。

COUMI ANC-860低音は強めだが高音は弱い

メリットでも触れていますが、低価格帯のなかでは音質のバランスはいいです。

しかし、高音はボーカルメインの楽曲、あるいはクラシック系はよいのですが、ドラムやベースが強めのロック系は臨調感を感じたい人には物足りなさを感じるでしょう。

とはいえ、全体的にバランスが取れていてるので音質に拘らない人にはまったく問題なく音楽を楽しめるイヤホンと言えます。

充電ケースの充電LEDがわかりずらい。

イヤホンを充電するにはケースに戻す必要があります。この時、問題となるのが充電がされているのかの判断です。

COUMI ANC-860は、充電中を表示するLEDがケース内部に配置されています。

なかにあることで、蓋を閉めればされているかの判断がつかず、開けれ入れば不注意でケースを破損させる恐れがあります。

私の個人的な意見としては、外にあって欲しかった。そうであるなら充電の度にケースの蓋を開けて置くこともないですし、充電の判断で不安になることもありませんから・・・。

ここは、次機での仕様変更に期待したいところです。

COUMI ANC-860をおすすめしたい人

ここでは、COUMI ANC-860をおすすめしたい人を紹介していきます。

おすすめしたい人
  • ANCを初めて使ってみたい人
  • 音質にこだわりがなく低価格で抑えたい人
  • 長時間利用する人
  • お風呂や水回りを中心に利用する人
  • リモートワーク(在宅)の人

この中で特におすすめしたい人は、ANCを初めて使ってみたい人です。

6,000円以下でノイズキャンセリング機能が搭載、スマホとの設定がとても簡単だからイヤホンを初めて(ANCも含む)購入したい方におすすめと言えます。

COUMI ANC-860をおすすめできない人

おすすめの逆でCOUMI ANC-860をおすすめできない人を紹介していきます。

おすすめできない人
  • ハイモデルイヤホンの音質を期待する人
  • イヤーピースが苦手な人
  • 激しい運動を目的としている人
  • ノイズキャンセリングが苦手な人

COUMI ANC-860は、完全密封型ではないので激しい運動(飛び回るなど)をすると落下の恐れがあるので向いていません。

しかし、ジョギングや散歩なら落下に耐える事ができるので安心して利用することができます。

COUMI ANC-860をお得に購入するには?

COUMI ANC-860をお得に購入するならAmazonで購入するのがおすすめ

なぜなら、プライム会員なら限定クーポンや特別キャンペーンなどを利用すれば定価からお得な価格で購入する事ができます。

また、プライム会員の方はAmazonギフトを購入してから商品を購入するとポイントがもらえるのでさらにお得に買い物する事ができます。

matu2
matu2

プライム会員なら、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえるのはお得!

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

一回のチャージ額 コンビニ・ATM・ネットバンキングチャージ クレジェット
カードチャージ
通常会員 プライム会員 プライム会員のみ
90,000円〜 2% 2.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
20,000円〜39.999円 1% 1.5%
5,000円〜19,999円 0.5% 0.5%

Amazonギフト券のチャージはこちら

COUMI ANC-860レビューまとめ

この記事は【COUMI ANC-860レビュー】6000円以下で購入できるANC対応のインナー型の完全ワイヤレスイヤホンについて書いた記事です。

COUMI ANC-860のおすすめポイントは下記の通り

おすすめポイント
  • アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載
  • AACコーデックに対応
  • 長時間連続再生ができる大容量のバッテリー
  • 水場でも安心なIPX7防水に対応
  • 6,000円以下で購入できる。

です。

低価格帯ながらノイズキャンセリング機能を搭載し、ペアリングやイヤホンの操作が簡単。

高機能を求めている人には少し物足りない仕様ですが6.000円で音のバランスとノイズキャンセリング機能がある「COUMI ANC-860」は、はじめて購入したい人におすすめなイヤホン。

これからイヤホンを購入したい方の参考になれば嬉しいです。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました