\ ポイント最大10%アップセール! /

【COUMI ANC-860レビュー】6000円台の低価格ノイズキャンセリング付き完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは!ワイヤレスイヤホンをハマり中のmatuです。

今回は、ノイズキャンセリングに対応した完全ワイヤレスイヤホンCOUMIの 「ANC-860」の紹介です。

ハイエンドモデルで人気のApple 、SONY、BOSEなどのノイズキャンセリングイヤホンは外音取り込み機能が優秀ですが、価格が10000円以上と高価となかなか手がだせない人もいるのはず。

しかし、今回紹介する「COUMI ANC-860」は6000円以下でありながら、ノイズキャンセリングと外音取り込み機能があります。また、iPhoneユーザー向きのAACコーデック、雨やシャワーでも耐えれるIPX7防水に対応している。

設定や操作がとても簡単だから完全ワイヤレスイヤホンの入門編と言えるイヤホンとなっています。そんな、COUMI「ANC-860」をメーカー様よりご提供頂いき、早速使ってみたので感想を紹介して行きたいと思います。

それではいきましょう。

本記事はメーカー様より商品をご提供頂き作成しています。

メリット
デメリット
  • イヤピースのつけ心地がよく長時間でも痒くも痛くもならない。
  • ノイズキャンセリングの入門として最適なイヤホン。
  • コーデックはAAC対応
  • 低音は強めだが高音は弱い。
  • 充電がわかりずらい。
  • ノイズキャンセリング効果は低め。
目次

COUMI ANC-860の概要とスペック

COUMI ANC-860は低音が抜群のワイヤレスイヤホン!

COUMI ANC-860の特徴は、低音がしっかりの音質に低遅延と安定したワイヤレス接続ができるイヤホン。

ANC-860の特徴
  • Bluetooth5.1にも対応しているから最大41時間の再生が可能。
  • 低価格ながらノイズキャンセリング・外音取り込みどちらも対応
  • 6000円以下の完全ワイヤレスイヤホンがクーポンでさらに安く購入できる。

消費電力を抑える規格「Bluetooth5.1」に対応しているから、一回の「フル充電状態」なら最大7.5時間の連続再生、充電ケースなら最大41時間の再生が可能。

また、購入する際にお得情なクーポンも配布していることがあるのでさらに安く購入することもできます。

スペックについて

ここでは、COUMI ANC-860のスペックについて紹介していきます。

COUMI-860スペック表
COUMI ANC-860
充電端子 Type-C
対応コーデック SBC、AAC
ノイズキャンセリング機能 搭載
稼働時間

ケース込み:41時間(ANC OFF)

ケース込み:30時間(ANC ON)

本体(単体):7.5時間(ANC OFF)

本体(単体):5.5時間(ANC ON)

電時間 約1.5時間
Bluetoothチップ Realtek RTL8773BFR
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.1
Bluetooth有効範囲 10m
防水性能 IPX7
カラー ブラック
ドライバー 12.5mmダイナミックドライバー
重量

充電ケース:70g  

イヤフォン(左右各): 13g

スペックで気になるところは

充電端子はUSB type Cを採用
再生時間が最大7.5時間(ケース込で41時間)

最近の製品にtype Cが標準になりつつあるのから、他のケーブルを用意する必要がなくありがたいの一言。

また、最大再生時間は7.5時間、ケース込みで最大41時間とかなりのロングバッテリーだから一週間くらい充電しなくても十分利用できる。

ロングバッテリーなら一週間くらい充電しなくても通勤・通学に持ちそうですね!

COUMI ANC-860の付属品と外観

気になる、COUMI ANC-860の付属品と外観について項目ごとに紹介していきます。

付属品について

ANC-860の箱はブラック、文字は金色と白色で記載されて少し高級感のある落ち着いた箱になっています。

箱の中身は購入クーポンやマニュアルもしっかり付属。充電ケース本体はブラックで丸く球体で可愛らしいクラムシェル型でマットな質感には老若男女に親しみやすいデザインとなっています。

箱の中身を見ていきましょう。

付属品一覧
  • ワイヤレスイヤホン本体
  • 充電ケース
  • USB Type-C充電ケーブル
  • イヤーピース(S/M/L 各2ペア)
  • 取扱説明書(日本語あり)
  • クイックスタートガイド

説明書は親切で、英語、フランス語、日本語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語に対応。機器に弱い人でも、日本語ページもあるので英語が苦手な方でも簡単に設定する事ができますよ。

さらに、専用のイヤピースはサイズが豊富で「S・M・L」と「5セット」もしっかり梱包。イヤホン本体に1セットあるので合計6セットあることになるので長く使いたい方にとって安心できるところでしょう。

外観について

COUMI ANC-860は、四角が丸く楕円のような光沢があるデザインにの本体となっています。

充電ケースの片側に「革のストラップ」が付属し、背面から伸びるストラップは他のイヤホンにはない仕様。この辺りは、おしゃれとみるか実用的とみるかは好みが分かれそうです。

ケースの裏面は仕様が記載されています。

充電ケースを開けるとイヤホンを正しく収納できるよう「L・R」の刻印と、中央にインジゲーターがあります。(インジゲータ~は充電をお知らせするLEDランプです)

ただ、イヤホン本体には左右を区別する表記がないので、一度手から離れてしまうと見分けがつかなくなるので注意が必要です。

イヤホン本体は、使用前に動作しないよう絶縁シール(バッテリ劣化も防止)が貼ってあります。仕様前に必ず剥がしてから使うようにしましょう。

イヤホン本体は、どこかSONYの”イヤホン”に似たような楕円型なデザイン。

表には、「coumi」のロゴがあり、タッチパネル部分は「円形のくぼみ」になっているから操作がしやすいです。

イヤピースのサイズは「S/M/L」の3種類が用意されています。サイズに合わせて利用できるので安心して着用できます。

イヤホンの重量はL・Rの両耳あわせて「13g」ワイヤレスイヤホンの中では平均的な重量。

充電ケース込みでの合計重量は「70g」と物に例えるなら単2電池、食べ物なら食パン6切り5枚分の重さになります。

小型サイズで70gは軽量と言えます!

COUMI ANC-860のペアリングと操作方法

ここでは、イヤホン本体を使用する為の初期設定。再生機器との接続設定(ペアリング)方法とイヤホンの操作方法を紹介していきます。

ペアリング方法(iPhone編)

この設定はとても簡単で一度設定してまえば、以降はイヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動で接続してくれます。簡単なので順番に説明していきます。

ペアリング方法(iPhone編)
STEP
スマホのホーム画面から「設定」をタップ。
STEP
設定からBluetoothを選択(OFFの方はONにする)する。
STEP
イヤホンの充電ケースを開く。
STEP
「その他のデバイス」から「COUMI ANC-860」を選択
STEP
「接続」を選択し「COUMI ANC-860」とペアリングを完了させる。
STEP
最後に「接続済み」となれば成功です。

この手順で進めれば5分ほどで簡単に設定が完了するよ!

操作方法とインジゲータの表示

イヤホンの操作は、タッチセンサーによる操作です。指を軽く触るだけで下記の操作が簡単にできます。

イヤホンの操作
音楽再生
音楽を再生/一時停止 右のイヤホンを2回タップ
次の曲へ 右のイヤホンを2秒間タップ
前の曲へ 左のイヤホンを2秒間タップ
音量を上げる 右のイヤホンを1タップ
音量を下げる 左のイヤホンを1タップ
通話
電話に出る 左右どちらかを1回押す
電話を切る 左右どちらかを1回押す
着信拒否 左右どちらか2秒タップ
音声アシスト 左右どちらか1秒タップ
電源
本体のOM/ OFF 左を2タップ

また、イヤホンには、状態を知らせてくれるインジゲータがあります。

インジケーターが示す意味
  • 白く点滅:充電中
  • 白が消灯:充電完了
  • 白く1秒点灯:電源を入れる
  • 赤く1秒点灯した後消灯:電源を切る
  • 赤と白に交互に点滅:Bluetoothペアリングモード
  • 消灯:ペアリングに成功
  • 白が消灯:ANCのON/OFF

使用中はインジゲーターの示す意味を確認して、充電やペアリングをするようにしましょう!

COUMI ANC-860レビュー

 ここからは、実際に使ってみたCOUMI ANC-860をレビューしていきます。

使用感|低価格ながら一定の効果があるノイズキャンセリングがある。

ANC-860を使用してみた感じは、低音が強めで高音は控えめな音質な印象。ハイエンドモデルのイヤホンに比べるとノイズキャンセリングの効果はそこまで高くはありません。価格相応の性能といったところでノイズキャンセリングに期待している人はガッカリするかもしれません。

また、外音取り込みは強めで、ランニング時にエンジン音や風を切る音が完璧には消えず車のゴーと言う音がはっきり取り込まれてしまいます。ですが、これくらい自然に外音を取込めた方が安全面を考えるとちょうどいい感じです

その他に、防水機能もあって、お風呂や外出先で水に濡れても水没することがない、イヤピースもしっかり固定してくれるからランニング時に落ちることがないので安心して使用することができます。

個人的には、完璧ではないもののONにすると周りの音が静かになるので一定の効果があるノイズキャンセリングが気に入っています。

音質・遅延|低音は強めだが高音は弱い。

ANC-860の音質は、低音が強く高音は控えめな印象。ジャンルによってはこもったように聞こえてしまうこともあります。

高音は、ポップスや女性ボーカルで伸びがたらなくて物足りなさを感じます。しかし、ドラムやベースが強めのロック系は臨調感を感じることができます。

ただ、音圧がちょっと足りないのか体に響くような音ではありません。大きなスピーカーを離れたところから聞いているような感じを受けます。

音そのものは割と主張するので、ライブ感が強く、高音を求めるよりも低音を重視している印象です。

遅延については、最新のBluetooth 5.1搭載。多少の遅れはありますが、気になるほどではありません。また、接続機器から少し離れていても安定して音楽試聴がで可能です。

matu

低音がよく聞こえるから気に入っています。

コーデック|iPhoneユーザーと相性のいいAACに対応

音声を無線伝送する技術のコーデック。ANC860は、主にiPhoneで使われているAAC(Advanced Audio Codingの略)といわれるコーデックを搭載。

また、SBCと言われる標準技術よりも高音質なのが特徴です。これにより、iPhoneなら遅延なく、高音質な音楽を楽しむことができます。

ノイズキャンセリング|入門編として最適なイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンの一般的なダイナミック型ドライバーの口径は6mm前後です。しかし、ANC860のダイナミックドライバーは12.5mmと大きく低音がよく効いて重低音を体感することができます。

ノーマルモードでは「ザー」と言ったノイズが入いりますが、ノイズキャンセリングモードに切り替えるとノイズが一瞬で消えるのがわかります。

しかし、周囲の騒音を全て遮断することはできず、周りの人の声や、車の音など高周波の音は聞こえてしまいうのが残念なところです。

これについては、メーカーHPの測定値が50Hz~1kHzで、最大は35dB(現在販売しているのは進化版)低減可能と掲載されています。

数値的には強力なんですが、実際に使用してみるとそれよりも低い数値の印象です。ノイズキャンセリング機能を求めて購入するには物足りないかんじを受けてしまうのでおすすめできないです。

しかし、一定以上の効果はあるのでノイズキャンセリング入門とするのであれば操作もしやすいのでおすすめなイヤホンです。

着用感・イヤピース|長時間着用も疲れない着用感

イヤホンの大半がここで決まるイヤホンのつけ心地。ANC-860のイヤホンは「インナーイヤー型」でイヤピースが必要とする型。イヤホンに付属しているイヤピースの他に、3種類(大、中、小)が付属している。

サイズが豊富だから、どんな人でも耳のサイズに合わすことが可能。合わせてしまえば、フィット感は抜群なので、カンタンに取ちたりしません。なので、必ず使用前にイヤピースを合わせるようにしましょう!

機能|充電器本体のLED表示がわかりづらい。

充電器本体は充電の可否がわかりずらい。充電を知らせるLEDがケースの内部にあるものだからケースのフタを閉めてしまうと完了しているのかわからないのです。

この問題を解決するにはフタを開けたままが望ましいのですが、開けたままでは不注意でケースを破損させてしまう恐れがあります。

なので、フタは閉じて充電する。されているかの判断はスペック表の充電時間「1.5時間」を目安にして充電を行うようにしましょう!

個人的には、ケース外にLED表示を配置して欲しかったです。

COUMI ANC-860と他社イヤホンとの比較

COUMI ANC-860をよく知ってもらうために、私のお気に入りワイヤレスイヤホンと外観を比較してみました。

製品写真
製品名 SoundLiberty92

ANC-860

再生時間  約5時間

本体(単体);7.5時間(ANC OFF)

本体(単体);5.5時間(ANC ON)

Bluetooth コーデック AAC/SBC AAC/SBC
ノイズキャンセリング 非対応 ANC対応
防水性能 IPX7生活防水 IPX7生活防水
製品重量

充電ケース:33.6g  

イヤフォン(左右各): 4.7g

充電ケース:70g  

イヤフォン(左右各): 13g

充電ケースの大きさは 、「TaoTronics SoundLiberty 92」 の方が小さい印象。

左:TaoTronics SoundLiberty 92  右;COUMI ANC-860

ですが、イヤホン本体は「COUMI ANC-860」の方が小さく再生時間も長いです。 

左:TaoTronics SoundLiberty 92  右;COUMI ANC-860

また、「COUMI ANC-860はアクティブノイズキャンセリング搭載に対し「TaoTronics SoundLiberty 92」 は非搭載。今までお気に入りだった「TaoTronics SoundLiberty 92」は「COUMI ANC-860」によってその座を変わる存在となりました。

ここで比較したTaoTronics SoundLiberty 92」について興味のある方は記事で紹介しているので読んでみてくださいね。

COUMI ANC-860おすすめしたい人

おすすめな人
  • 6,000円以下でノイキャン機能が欲しい人
  • お風呂やプール、ジムなどで利用したい人
  • 初めてワイヤレスイヤホンが欲しい人
  • インナーイヤー+低音好きの傾向の人

COUMI ANC-860をおすすめな人は、5,000円以下でANCに対応したコスパモデル。初めてANCを試したい方や格安で試して見たい人におすすめのイヤホン。

また、形状に、好き嫌いが分かれるようなのですが、フィット感が高く、運動しても落ちないところがよい、(形状が合わず、すぐ落ちるという人もいるようです)それでいて長時間つけていても痛くならないので、インナーイヤー+低音好きの傾向の人にも向いていると言えます。

COUMI ANC-860をお得に購入する方法

COUMI ANC-860をお得に購入するならAmazonで購入するのがおすすめ

なぜなら、プライム会員なら限定クーポンや特別キャンペーンなどを利用すれば定価からお得な価格で購入する事ができます。

また、プライム会員の方はAmazonギフトを購入してから商品を購入するとポイントがもらえるのでさらにお得に買い物する事ができます。

プライム会員なら、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえるのはお得!

Amazonでお得にお買い物をするなら

COUMI ANC-860レビューまとめ

この記事は、「【COUMI ANC-860レビュー】6000円以下で購入できるANC対応のインナー型の完全ワイヤレスイヤホン」について書いた記事です。

COUMI ANC-860のおすすめなポイントをまとめると

おすすめポイント
  • アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載
  • AACコーデックに対応
  • 長時間連続再生ができる大容量のバッテリー
  • 水場でも安心なIPX7防水に対応
  • 6,000円以下で購入できる。

ペアリングやイヤホンの操作が簡単。高機能を求めている人には少し物足りない仕様ですが、6000円以下で音のバランスがいい音質。

完全独立イヤホンでノイズキャンセリング搭載で一定の効果がある。低価格帯イヤホンもここまで来たかと言った感じの「COUMI ANC-860」は、イヤホンをはじめて購入したい人にとって入門におすすめなイヤホンです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる