【TaoTronics SoundLiberty 92 レビュー】5000円以下で買えるコスパ型のインナーイヤーイヤホン!

スポンサーリンク

こんにちは!ガジェット大好きmatuです。

ワイヤレスイヤホンを購入する時って迷いませんか。

高価なイヤホンを購入するには勇気がいりますよね。金銭的に高価な機器をいくつも購入して比較するのは難しいところ。

一般的に、ケーブルのある方が音質は良いとされていますが快適性を追求するのなであればワイヤレスは必須です。

5000円以下で音質のバランスが良く、機能面に優れた完全ワイヤレスを探すのは手間ですよね。

そこで、今回紹介するのが「TaoTronics SoundLiberty 92 」です。

SONYやBOSEのようなハイエンドモデルでありませんが、大口径13mmドライバーを搭載し、より快適・より開放的に音楽を楽しむことができるインナーイヤー型TWSイヤホン。

この記事を読むことで「TaoTronics SoundLiberty 92 」を魅力を知ることができるので購入の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

結論:初めてでも簡単設定(ペアリング)で音楽を楽しめることができる。

TaoTronics SoundLiberty 92 」を購入するまで、ワイヤレスイヤホンを使い続けてきましたが下記のような不満がありました。

ワイヤレスの不満

ワイヤレスの不満

・ケーブルが邪魔になる

・収納に困る

・再生機器から離れて聴けない

この問題を解消すべくAmazonで5000円以下で音のバランスがいいイヤホンを探していたところ「TaoTronics SoundLiberty 92 」の評価が良かったので購入する運びになりました。

TaoTronicsとは

アメリカ カリフォルニア発のオーディオブランドで、Bluetoothイヤホンやスピーカーなどを開発している。

主力商品はイヤホン, スピーカー, オーディオ 主力商品,デジタルガジェット, ペットグッズなど

日本のサイトはこちら

TaoTronics Japan |

TaoTronics SoundLiberty 92 」を購入して満足した点は、簡単ペアリングでフラットな音が聞けるところ。

充電ケースのフタを開けるだけで自動的にペアリングモードが開始されるのは使い慣れていない初心者にとっては便利な機能で、音質は、低音域は少し音圧に物足りなさを感じますが全体的にまろやかで聴きやすい印象でした。

5千円以下の価格で音質のバランスが良くお値段以上であることは間違いないといえます。

TaoTronics SoundLiberty 92の概要

「TaoTronics SoundLiberty 92 」のスペック

 

再生時間/待機時間

連続音声再生時間: 5時間/ケース再生時間: 25時間

Bluetooth規格

Bluetooth5.2

Bluetooth プロファイル

A2DP /AVRCP/HFP

Bluetooth コーデック

SBC/AAC

Bluetoothチップ

Airoha AB1536U

ノイズキャンセリング

非対応

通信距離

10 m

ペアリング

MCSync技術対応

防水性能

IPX7生活防水

製品重量

充電ケース:33.6g 重量イヤフォン(左右各) 4.7g

充電端子

Type-C

TaoTronics SoundLiberty 92 は、TaoTronicsが扱う製品の中で、初となるインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンです。

特徴は、約5,000円という価格帯ながら、左右同時伝送の 「MCSync技術」 を採用している事による接続の安定性と13mmドライバを搭載したことによる開放的で迫力のある音を実現しています。

matu
matu

初手で購入を考えるならTaoTronics SoundLiberty 92 がおすすめ!

TaoTronics SoundLiberty 92 の付属品と外観

TaoTronics SoundLiberty 92 の付属品

TaoTronics SoundLiberty 92 の付属品を紹介していきます。

TaoTronics SoundLiberty 92 付属品一覧

・TaoTronics SoundLiberty 92  本体

・充電ケーブル(USB-type C端子)

・スタートアップガイド

・取扱説明書

*USB ACアダプターは別売です。

TaoTronics SoundLiberty 92 の外観

TaoTronics SoundLiberty 92 のケースはシンプルでコンパクトなデザインです。

ケースはApple社のAirPodsと同じく縦長タイプで、上蓋が開く構造になっています。

TaoTronics SoundLiberty 92 は、バッテリー内臓の収納ケース。イヤホンを充電するさいは、ケースに格納して充電をおこないます。

イヤホンの稼働時間は5時間、ケース併用で30時間であり完全ワイヤレスの中でも平均的なバッテリーです。

ケーズの充電部分はケース底面で接続端子は「USB Typ-C」となっています。

最近は殆どの商品がUSB Type-Cに対応しているため凡用性が高いのでありがたい。

Amazonより引用

TaoTronics SoundLiberty 92  は完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホンです。

完全防水仕様(IPX7)とは

水深1m以内で一時的な条件なら水につけても内部に浸水しないとされている防水規格です。

TaoTronics SoundLiberty 92 のイヤホン形状は、初代AirPodsのインナーイヤー形状であり、ピアノブラック塗装が高級感を引き立てています。

matu
matu

イヤホンは防水仕様だけどケースは防水未対応なので注意してね!

TaoTronics SoundLiberty 92 の重量

TaoTronics SoundLiberty 92 の重量は両耳を合わせてもわずか9g。ケースは「43g」と軽量に設計されています。

TaoTronics SoundLiberty 92 の使用レビュー

TaoTronics SoundLiberty 92を購入した決め手は?

多数あるイヤホンの中で、TaoTronics SoundLiberty 92を選んだ理由は下記の通りです。

・開放感のある作りとスムーズな装着感はストレスがなく長時間利用ができる。

・機器の操作がタッチコントロール式で簡単。

・TaoTronics SoundLiberty 92 は完全ワイヤレスの中でも優れた防水性能を持っている。

・TaoTronics SoundLiberty 92 のペアリングは初心者でも簡単にできる。

以上の4つです。

これだけでは、説明が不十分んなのでもう少し深掘りして紹介していきます。

開放感のある作りとスムーズな装着感はストレスがなく長時間利用ができる。

TaoTronics SoundLiberty 92 を初めて装着した感想は、スムーズに装着できる開放的な作りに長時間(1時間程)つけていても耳が痛くなりません。

以前レビューした「LEPLUS LP-BTEP01」のイヤホンは「カナル型」で密閉感があって長時間使用すると耳が痛い時があったのでそう考えるとしっかり耳のケアを考えられた作りとなっています。

TaoTronics SoundLiberty 92   と機器の操作

TaoTronics SoundLiberty 92 の操作は「タッチコントロール式」です。指で軽く操作するだけで音量調整を含む全ての操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 92の操作一覧

  • (右/左)2回タップ 再生/一時停止
  • (右/左)1回タップ 受話
  • 右1回タップ 音量アップ
  • 左1回タップ 音量ダウン
  • 右3回タップ 曲送り
  • 左3回タップ 曲戻し
  • (右/左)2秒長押し 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)/着信拒否/終話

操作の注意点としては、音量調整で1回タップしたつもりが2回タップして「一時停止」をよく繰り返したりします。最初のうちは戸惑うかもしれませんが、それだけタッチ感がよく使い勝手がいい作りとなっています。

TaoTronics SoundLiberty 92 は完全ワイヤレスの中でも優れた防水性能を持っている。

外観のところで少し触れましたが「TaoTronics SoundLiberty 92 」は完全防水仕様(IPX7)を備えているので、入浴中や車の洗車など水場でも問題なく安心して使用することができます。

matu
matu

入浴中に音楽を聴く事があるので深夜遅くに利用する時は良く使っています。

TaoTronics SoundLiberty 92 のペアリングは初心者でも簡単にできる。

TaoTronics SoundLiberty 92のペアリング(Bluetooth対応機器と本体との接続)方法を紹介します。

この、ペアリングは一度設定を行うと以降は簡単にペアリングを行うことができます。ケースからイヤホンを取り出したタイミングで接続を開始するので余計な手間をさかずに音楽や通話を始めることができます。

1.ペアリングモード

イヤホンをケースから取り出すと、左右間の接続をおこないます。それから青白の交互点滅になったらペアリングモードに入ります。

2.Bluetooth機器の接続設定

Bluetooth機器(ここではiPhoneで説明)の「設定」→「Bluetooth」→「Bluetoothをオン」の流れですすむ。

TaoTronics SoundLiberty 92 」が表示されので「選択」します。

3.ペアリング完了

Bluetooth機器(ここではiPhoneで説明)との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、「Connected」のアナウンスが流れます。

matu
matu

初回にペアリングしてしまえば後は、充電ケースの蓋を開けるだけで瞬時にペアリングを完了します。

TaoTronics SoundLiberty 92のデメリット

TaoTronics SoundLiberty 92を使ってわかったデメリットを紹介します。

デメリット

外部音が気になる

ノイズキャンセリング非対応

イヤホンが若干大きい

TaoTronics SoundLiberty 92やはり外音が入りやすいことです。周りの音をカットしてカフェなどで使いたい方にとっては、扱いづらいワイヤレスイヤホンだと思います。

逆に言えば、外側から声が入りやすく、両耳にイヤホンをしていても周りの声が聞こえるので、通勤・通学、ランニングなどのスポーツ時には事故等を防ぐ意味で安心できます。

また、ベッド部分が若干大きく耳のサイズによっては外れる心配とバッテリー部分が太いのも気になるポイントです。

しかし、イヤホンは片耳約4.5gと決して重くわない、むしろ軽い部類に入る。

5,000円以下で購入できる低価格な完全ワイヤレスイヤホンだということを考えれば十分許容範囲内だと思います。

TaoTronics SoundLiberty 92  をお得に購入できる時がある。

TaoTronics SoundLiberty 92はメーカー価格は5000円です。しかし「 Amazon」では以下の方法で安く購入する事ができます。

・Amazonのタイムセールで購入

・Amazonの特選タイムセールで購入(Amazonプライムデーなど)

2つのセール時に購入すると定価から安く購入する事ができます。

また、Amazonプライムに加入している事で配送費用が無料になりますので「Amazon prime」にまだ加入していない方は購入前に加入することをおすすめします。

さらにお得に購入するならAmazonnギフト券の購入をおすすめします。

現金でチャージすると、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます。

matu
matu

今年の「Amazon prime」でTaoTronics SoundLiberty 92を購入したよ!

TaoTronics SoundLiberty 92 のレビューまとめ

この記事は、5000円以下で買えるコスパ型のインナーイヤーイヤホン!TaoTronics SoundLiberty 92 レビューを書いた記事です。

TaoTronics SoundLiberty 92 は低価格ながら左右同時伝送の 「MCSync技術」 を採用し、音の途切れ・遅延を感じることのない完全ワイヤレスイヤホンです。

Bluetooth機器との設定が簡単であり、一度設定してしまえば後は「オートペアリング」なので簡単に使用することができるでの完全ワイヤレスイヤホンデビューしたい方にはおすすめな商品です。

matu
matu

インナーイヤー型で遅延 や接続切れのないモノを探している人にはおすすめ!

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました