\ ポイント最大10%アップセール! /

【BlitzWolf BW-HL3レビュー】カジュアルで防水機能搭載、SNS表示機能も豊富なスマートウォッチ!

日々の生活を快適にしてくれる「スマートウォッチ」は、時計としての普段使いはもちろんのこと健康管理やスポーツの機能が多数搭載されています。

また、防水機能があれば洗い物をするときやシャワーを浴びる時など、わざわざ外す必要がないから便利。

しかし、人気のスマートウォッチとなると5万、6万ほどしますが、1万円以下でも機能が豊富でおしゃれな時計があるのをご存知でしょうか?

それが、今回紹介する多機能なスマートウォッチ「BlitzWolf BW-HL3」です。

Apple WatchやGalaxy Watchに比べ性能は劣りますが、1万円以下でSNSや通話の通知など多機能な上に防水機能がある。

一週間も持つくらいの大容量バッテリーだから充電をこまめにする必要もない、おしゃれなデザインだからビジネスでもプライベートでも合わすことができるBlitzWolf BW-HL3」を今回、メーカー様よりご提供いただいたので紹介していこうと思います。

本記事はBanggood様より商品をご提供頂き作成しています。

banggood(バングッド)公式サイトはこちら!

目次

BW-HL3は様々なスタイルに対応できるお洒落なスマートウォッチ

BW-HL3を使用した感想は、重量感はあるもののシンプルで従来のアナログ時計の懐かしさを感じるデザインにカッコいいの一言。

私が選んだモデルはBW-HL3 シルバーのメタルベルトタイプ。

出荷時のベルトは長く、着用して使用するにはベルトの調整が必要になります。ベルト調整さえしてしまえば、ビジネスでもプライベートでもカジュアルに合わせることができる。最初こそ選んだことに後悔をしましたが、今では、装着感とかっこよさが気に入り選んでよかったと思っています。

BW-HL3の概要・スペック

BW-HL3のスペック

 
ディスプレイ 1.3インチIPSディスプレイ 240×240
サイズ 42.8mm×60mm×12.6mm
 重量 50g
 防水機能  IP68
センサ Gセンサー、心拍数センサー
対応機種  Android 4.4以降またはiOS8.0以降のスマホ
 充電タイプ 磁気充電
充電時間 約2時間
バッテリー持ち 約20日
バッテリー容量 180mAh 
¥10,208 (2021/12/01 23:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

BW-HL3の付属品・外観

それでは、BW-HL3の付属品と外観について紹介していきます。

色は、 ブラック、ブラックストラップ、シルバー、ブラウンストラップ、ブルーストラップの5色展開。筆者はアナログ時の重みとおしゃれ感のあるシルバーを選びました。

付属品について

BlitzWolf BW-HL3の付属品について紹介していきます。

付属品

BW-HL3 本体

・充電ケーブル(TypeA-磁石端子 )

・説明書(日本語対応)

外観について

BlitzWolf BW-HL3の外観について紹介していきます。

箱は正方形で開けると、袋もされずに時計が収まっていました。この辺りは中華製のウォッチと言った感じです。

本体の表示画面は1.3インチフルタッチスクリーンを採用。画面が大きく文字が見やすいです。

全体がシルバーでベゼルはどこか懐かしいデザインに見惚れてしまう。

右側にはボタン(リューズ)があり、このボタンでアプリの設定や操作を行います。

裏面にはリアセンサーと充電端子があります。

何故か保護フィルムが貼られていないため傷だらけでした。形あるものは〜と言いますが、流石にこれは気になってしまうレベルで賛否両論になりそうです。(写真は上手く撮れませんでした)

matu

使い初めはわからなかったけど説明書が日本語対応だから助かりました。

BW-HL3の充電方式は磁石タイプです。ケーブルの先端は磁気端子になるため破損しないようケーブルの保管に注意が必要になります。

matu

ケーブルの互換性がないのが難点です

重さはバンド込み129gとスマートウォッチの中では重量に入るのではないでしょうか。

重さの比較で言うと単2電池2個分の重さ、女性が装着して1日を過ごすには少し困難かもしれません。

matu

このモデルはディスプレイが大きめだから男性向きの時計ですね!

BlitzWolf BW-HL3レビュー

BlitzWolf BW-HL3の外観はアナログ時計そのもの、ずっしりした重量感は「これぞ時計」と言えるほどです。化粧箱も丈夫で本体をスポンジで保護しているのでその点はしっかり考えられています。

使って分かったデメリットは、充電ケーブルの先端が磁石式のため互換性がないのが難点です。ケーブルが断線または先端が破損しないようしっかり管理する必要があります。

また、デザインはメタルベルト型で、出荷時のままではフリーサイズで長すぎて、腕の細い男性が付けようものなら、隙間が大きく使い物になりません。私みたいに腕が細いならベルトの調整をする必要があります。

一方で、豊富なSNSアプリに対応しているので、仕事中のスマホを見る回数が減少したり、一回の充電(2時間の充電)最大で20日間も持つ、大容量の「180mAh」バッテリーを搭載しているなどのメリットがあります。

メリット
デメリット
  • SNSアプリの対応が豊富
  • 大容量バッテリーだから長持ち
  • 防水レベルIP68対応
  • メタルベルトは調整が必要
  • メタルベルトモデルは重い
  • 音楽再生などができない

注意!メタルベルトは調整が必要

BlitzWolf BW-HL3の「ブラック、シルバー」モデルのベルトは「メタルベルト」を採用しています。なので、ベルトの長さを合わせるには、ベルトの調整が必要にります。

ベルトを外すタイプは、ピン型なので自分で調整するか時計店で調整してもらうからの2種類を選択することになります。この辺りは好みが分かれますが、ピン型を採用したベルトは調整が難しいということだけは先にお伝えしておきます。

matu

ピン型を採用したベルトは調整が難しいです。

不器用で機械が苦手な方自分で調整するのではなく、費用はかかるけども時計店で調整してもらうことをおすすめします。なぜなら、失敗して時計が使えなくなるリスクとやって後悔の思いが強くなるからです。

時計店で調整

メリット・・・即時対応で調整が正確。

デメリット・・・時間がないといけない。費用がかかる(調整費1,000円(税込み))

自身で調整

いつでもできる。調整費用を抑えられる。

デメリット・・・調整に失敗する恐れがある。工具が高くなることもある。

matu

自分にあった最良の判断をしましょう。

反対に、自分は器用でこの手の作業は得意と言う方は、工具を揃え調整すれば費用が抑えられるのでチャレンジしてみてくださいね!

参考までに簡単にベルト調整またはベルトタイプを判断できるサイトを紹介しておきます。

時計のバンド調整方法

メタルベルトのモデルは全体的に重い。

BlitzWolf BW-HL3の「ブラック、シルバー」モデルはアナログ時計を同じ質感と重量感です。

高級感があり、スーツやカジュアルに合わせることができるデザインではありますが重量があるため、女性が一日着用するには少々重すぎて腕が疲れる恐れがあるのでおすすめできません。

このモデルは男性向けに作られた時計と言って良いでしょう!

Apple Watchのように音楽再生ができない。

BBlitzWolf BW-HL3はランニング、ウォーキング、サイクリングなど運動アプリがメインですがSNSのメッセジ表示や通話の通知ができます。

しかし、Apple Watchのように音楽の再生を行うことができません。この辺りに価格との差があらわれています。

とはいえ、ディスプレイが大きく文字がみやすい上に運動中であってもスマホを手に取ることなく画面に表示してくれるので非常に便利なスマートウォッチといえます。

matu

外部に聞いている音楽が漏れるのは恥ずかしい。

豊富なSNSアプリに対応しているからスマホを見る回数が減少。

AppleのAppleWatchと違い、BlitzWolf BW-HL3は対応しているSNSアプリが多いのが特徴。

例えば、カバンの中や仕事中に携帯をさわることができない時に、メッセージを画面に通知されるので緊急性のメッセージなどを即座に確認することができます。

筆者は携帯を鞄の中に入れ持ち歩くことが多いのですが、できることなら緊急のメッセージ以外の確認はしたくはないと思っているほどです。

なので、利用しているアプリのメッセージ表示はとても便利でありがたい機能と言えます。

対応しているSNS一覧

Facebook、Twitter、Instagram、Youtube、メッセンジャー、gmail、snapchat、pinterest、ハングアウト、linkedln、skype、tumblr、viber、LINE、Google +、Flickr、VK、KaKao Talk、Other、Wechat、QQ、WhatsApp

通常使用で20日持つ大容量バッテリー

BlitzWolf BW-HL3のバッテリーは、 大容量の「180mAh」を搭載しているおかげで、一回の充電(2時間の充電)最大で20日間もたせることが可能です。

Apple watchなどバッテリーの持ちが悪いと言われている時計は、3日に一回の充電が必要なので、それに比べるとBW-HL3の電池の持ちは優秀です。カジュアルで電池持ちがいい、ついつい充電を忘れがちな方に向いているスマートウォッチといえます。

Apple watchについて知りたい方はこの記事でレビューしていますので読んでみてください。

 防水レベルはIP68だから日常生活を快適に過ごせる。

BlitzWolf BW-HL3は中華製ながら非常に高い「IP68」の防水機能を搭載しています。

30分以上の水辺利用には向いていませんがじゃぶじゃぶ水を使うお風呂やキッチンなら安心して使用することができます。

そもそもIP68とは?

IPコードは「IP」の文字の後ろに2つの数字が続き、前の数字が防塵性能の等級を、後ろの数字が防水性能の等級を表します。

防塵性能・・・「IP6X」ホコリや砂が機器内部に入らない。

防水性能・・・「IPX8」継続的に水没しても内部に浸水しない。

30分以上泳げる仕様ではないけれど日常生活なら安心して使えますよ!

BlitzWolf BW-HL3のおすすめの購入方法!

ここでは、BW-HL3の購入方法を紹介します。

現時点では、日本国内のAmazonや楽天などのECサイトではまだ取り扱われておらず、購入するには下記のサイトを利用する必要があります。

「Banggood」などの中国のガジェット系ECサイト

BlitzWolf BW-HL3のレビューまとめ

この記事は「【BlitzWolf BW-HL3レビュー】カジュアルで防水機能搭載、SNS表示機能も豊富なスマートウォッチ!」についてレビューしました。

BW-HL3の特徴は下記の通り

まとめ
  • 多数のSNSアプリに対応
  • 大容量バッテリー
  •  防水機能IP68

機能やブランド名ではAppleやGalaxyに劣るBlitzWolfですが、低価格で防水・SNS表示・バッテリーの持ちを考えれば、初めて手にする方に向いているスマートウォッチといえます。

まだ、中華製のスマートウォッチは懸念され続けていますが近年は商品の質が上がってきているので検討してみてはいかがでしょうか。

¥10,208 (2021/12/01 23:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる