【ビアッジ 耐衝撃ソフトカバー「CLEARRound」レビュー】軽い・柔らかい・高透明なTPUスマホカバー

スポンサーリンク

こんにちは!Apple大好き、最近新型iPhone12miniを購入したmatuです。

みなさんは、スマホカバーを選ぶ時に何を重視しますか?落下による衝撃が強いもの、ICカードが入るようにする手帳型のもの、長期的に利用したいから手触りが良いものなどがあります。

毎日使ものだからこそ身近なスマホカバーにはやっぱりこだわりたいですよね。

私は、iPhone12miniを購入したと同時に選んだカバーのタイプは、落下に強く耐衝撃なシンプルデザインのカバーです。

そこで、今回はiPhone12miniを保護する「ビアッジ  CLEAR Roundを選んだ理由やその魅力を記事にしましたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ビアッジとLEPLUSの関係とは?

ビアッジは「Amazon限定ブランド」となっている商品です。

ご存知でない方の為に簡単な説明をさせていただきますが「Amazon限定ブランド」はオリジナル製品の価格相場を維持するのが主な目的です。

今回紹介する「ビアッジ  CLEAR Round」は元は「株式会社MSソリューションズのLEPLUSブランド」であり商品の中身に変わりはありません。

LEPLUSブランドについて詳しく知りたい方はこちらでも紹介しているので読んでみてください。

ビアッジ  CLEAR Roundのスペック詳細

ビアッジ  CLEAR Roundの特徴

特徴は大きく絞ると以下の4つになります。

・耐衝撃な設計なので端末をしっかり保護してくれる。

・上下が美しくラウンドしたシンプルなデザインで触り心地がよく握りやすい。

・角に衝撃を吸収するエアクッションを採用し落下時に多い角からの衝撃に耐えれる。

・ドット加工で張り付きにくく、カバーが端末に張り付くのを防止し密着痕を防止。

ビアッジ  CLEAR Roundは耐衝撃な設計なのにシンプルで落下しても四角にエアクッションを採用しているから手元から落下しても衝撃られる作りとなっています。

また、TUPカバー特有の張り付きに対応したドット加工で密着痕防止がされています。

ビアッジ  CLEAR Roundのスペック

ビアッジ  CLEAR Roundのスペックは下記の通りです。

 
対応機種 iPhone12mini
カラー クリア
素材 TPU
4隅のエアクッション  あり
ストラップホール あり
張り付き防止加工  あり
梱包サイズ 19 x 9.2 x 1.8 cm /質量70 g

ビアッジ  CLEAR Roundの付属品、外観

ビアッジ  CLEAR Roundの付属品

・GLASS PREMIUM FILM 本体

・ケース

ビアッジ  CLEAR Roundの外観

カバーの作りはシンプルなTUP素材です。カラーはクリア(透明)で本体カラーを表に出したい方に向いています。

カバーを握った感触は「柔らかい」の一言ですこの柔らかさで耐衝撃の特徴を持ち合わせているのが驚きです。

取付けてみると少しゴツく感じます。

しかし、このゴツさが耐衝撃を発揮し本体を守ってくれる。デザインとしての評価は低いと判断してしまいますが機能面でいうなら高評価を与えます。

カバーの上部は、カメラがある部分をしっかり保護する形で尖った作りになっています。

恐らく、この部分が1番破損が多くカメラ部分の強度が弱いことからこのような作りになっているのかなと思います。

初めて見た時はこの作りに違和感がありましたが使用と共になくなりました。

カバー下部はスピーカーとLightning端子がある部分。

耐衝撃な構造ではありますがLightningケーブルが障害とならない、スピーカーの音がこもらないようにしっかり考えて作られています。

ビアッジ  CLEAR Roundの使用レビュー

ビアッジ  CLEAR Roundを購入に至った経緯

多数ある保護カバーの中、ビアッジ  CLEAR Roundを選んだ理由は以下かが決めてとなっています。

・本体の色を隠したくない。

・純正カバーより安く手に入れたい。

・手にフィットケースが欲しい。

この3つになります。

これだけでは説明が不十分なのでもう少し深掘りして紹介したいと思います。

ビアッジ  CLEAR Roundを選んだのは本体の色を隠さないクリア素材だから

スマホカバーのタイプはいくつもあり、販売されているカバーも多数あります。

手帳型やバンパー型を選ばなかった理由は下記の通りです。

・手帳型だとキッチン、お風呂場で使用できない。

・バンパー型だと本体裏が未保護なのでキズがつく、保護をするなら別途フィルムが必要で割高。

・手帳型はワイシャツのポケットに入れるとかさばる。

私は、お風呂で音楽を聴いたりする為にiPhoneを利用します。手帳型だと濡れてしまい乾かすのが困難、バンパー型は別途フィルムがいるなど割高になります。

その結果、水に濡れても丈夫で、カバンやポケットに入れてもかさばらなずスマホに吸着してしっかり保護するシンプル型を選ぶことにしました。

matu
matu

シンプル型ならお風呂場で使いやすい。

ビアッジ  CLEAR Roundは純正ケースよりも低価格で耐衝撃対応が魅力。

iPhoneを購入したら必ず迷うのが純正か汎用品となります。

純正品は値段も高いが商品のデザインや追加価値(カード入れ)に新機能の「MagSafe」を利用できる。

しかし、新機能の「MagSafe」を特に重要しするひつようがない方なら安くて好きなデザインを選べる汎用品がおすすめです。

純正カバーが悪いわけではないですが値段が故に安く、丈夫な汎用性のあるカバーでも十分です。

MagSafeとは

MagSafeとはiPhoneの本体背面に埋め込まれた磁石のことで専用ワイヤレス充電器。

ビアッジ  CLEAR Roundは手にフィットするので滑り落ちることがない。

ビアッジ  CLEAR Roundは手の丸みに自然となじみ、独自のラウンド形状で手に自然となじみ持ちやすいため落としにくいカバーデザインとなっています。

matu
matu

TUP素材のため手にフィットするから安心して使用できる。

iPhone 12 miniでロック画面が反応しない不具合はケースや保護ガラスが原因?

iPhone12miniが発売されてから口コミでこのような不具合が発生しています。

iPhone 12 miniを利用していたらロック画面が反応しない不具合が発生中でカバーや保護ガラスが原因かもしれない。

この問題を詳しく説明するとiPhone12miniの不具合の原因は恐らく「ディスプレイ由来の静電気」がロック画面限定でタッチ操作を妨げてしまう。静電気はアルミバンパー部を握れば逃ることができるがカバーがバンパーを全て覆っていると不具合が起きるといわれています。

しかし、今のところ私のiPhoneはビアッジ  CLEAR Roundを装着したままでもロック画面の不具合がなく操作ができています。

私の予想では、ソフトウェアの問題ではないかと思っています。

〈追記〉

2020年11月19日にiOSのソフトウェアの更新が行われました。

この更新を行うとロック画面が反応しない不具合が解消されます。

ビアッジ  CLEAR Round レビューまとめ

この記事は、【ビアッジ  耐衝撃ソフトカバー「CLEAR Round」 レビュー】軽い・柔らかい・高透明なTPUスマホカバーについて書いた記事です。

ビアッジ  CLEAR Roundの特徴をまとると下記の通りです。

ビアッジ  CLEAR Rounの特徴

耐衝撃な設計なので端末をしっかり保護してくれる。

・上下が美しくラウンドしたシンプルなデザインで触り心地がよく握りやすい。

・角に衝撃を吸収するエアクッションを採用し落下時に多い角からの衝撃に耐えれる。

・ドット加工で張り付きにくく、カバーが端末に張り付くのを防止し密着痕を防止。

純正ケースで新機能の「MagSafe」を試したい気持ちもありますが汎用品でも安くて頑丈なものが多数あります。

純正にとらわれずお気に入りのケースを選んで楽しいiPhone12 miniを使いましょう!

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました