【Anker PowerWave 10 Stand(改善版) レビュー】 iPhoneに対応したQi認証、ケースを付けたまま充電できるワイヤレス充電器

iPhoneでワイヤレス充電といえば「MagSafe充電器」があります。

しかし、充電器にしてはやや高めで、おまけにiPhone専用となっている。

お金に余裕があれば筆者も欲しいところですが、税込で「4.950円」もするiPhone専用充電器に、思わず手を出すのをためらってしまいます。

そこで、今回紹介するのがスマホアクセサリーで有名なメーカー「Anker」のワイヤレス充電器「 PowerWave 10 Stand(改善版) 」です。

充電速度は純正品よりも劣りますが、本体はスタンド型で安定度は抜群。それでいて「AndroidとiPhone」に対応して入るから、後々どちらに機種変更をしても利用できるので再購入ね必要がない。

純正品よりも充電速度は劣るけれど、充電ケーブルで充電するよりも早く端子の故障をなくす事ができるAnker製のワイヤレス充電器。

価格は3,000円(税込)以下で購入できてしまうのだから思わず手が出てしまいました。

そんな「Anker PowerWave 10 Stand(改善版) 」を購入して1年間使用してみたので感想をまとめレビューして行こうと思います。

それではいきましょう!

目次

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) 概要・スペック

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) の特徴について

充電器の特徴は、まず充電できる出力範囲が広いこと縦置きでも横置きでもワイヤレス充電を行えるところです。

PowerWave 10 Stand(改善版) の特徴
  • 縦置きでも横置きでもワイヤレス充電
  • ケースをそのまま充電
  • Qiワイヤレス充電対応
  • 高い安全性と安全保障

また、ほとんどのスマホケースをそのまま充電することが可能で、商品を購入してからも18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)、取扱説明書、カスタマーサポートを受けることができるので万が一故障しても安心です。

※5mm以上の厚みがあるケース、金属製や磁気を帯びたケース、クレジットカード類を収納するケースは、充電前に取り外す必要があります。

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) のスペックについて

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) のスペックを紹介します。

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) スペック表
Anker PowerWave 10 Stand(改善版) 
サイズ 約80 x 68 x 114mm
重さ 約108g
入力 5V=2A / 9V=2A
出力 5W / 7.5W / 10W
Qi認証 認証日:2018 / 09 / 17
認証機関:Wireless Power Consortium
Qi ID : 4519
カラー ブラックの1色のみ

スペックで気になるところは

本体の重さが約108gと軽い
カラーがブラックのみ

他社のワイヤレス充電器と比較すると重さが軽いことに「安定感」は大丈夫なんだろうかと思ってしまいます。

ですが、本体は厚みがあって土台もしっかりしてる。底は滑り止めがあって倒れたりズレたりする必要はありません。

個人的に気になるところはカラー、ブラック一色だからインテリアを考えるとホワイトもラインナップして欲しかったところです。

matu

個人的にはホワイトが欲しかったですが、使用している間にブラカラーがインテリアに馴染んで気に入っています。

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) 付属品・外観

付属品ついて

パッケージは、白をベースに文字と底に水色が使われているシンプルデザイン。パッケージだけをみるとこの中に充電器が入っているとは想像がつきません。また、本体のカラーバリエーションはブラックのみ

付属品は、破損、紛失しないよう本体は頑丈な箱に収められ、ケーブルは別箱に収納されています。

付属品一覧
  • PowerWave 10 Stand(改善版) 」本体
  • 充電用Micro USBケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 取扱説明書

USBケーブルは『Micro USBケーブル』が付属されています。

ここが気になる!

充電コネクタ(QC 2.0 / 3.0対応ACアダプター)が付属していない

本体を使用するには、別途アダプタの準備が必要となります。

もし、手持ちのコネクタがあるのなら準備する必要はありませんがスマホの種類によっては出力数が違うので使用する前にしっかり確認するようにしましょう。

因み、PowerWave 10 Stand(改善版) は注意書きに「本製品は、Apple製スマートフォンに付属の充電器およびパソコンのUSBポートに対応していません」と記載しています。

なので、iPhoneユーザーの人は別途アダプタを準備する必要があります。

<対応機種一覧>

10W出力急速充電: (QC 2.0 / 3.0対応ACアダプター使用の場合)

Galaxy S10 / S9+ / S9 / S8 / S8+ / S7 edge / S7 / S6 edge+/– Note 9 / Note 8 / Note 7

0対応ACアダプター使用の場合)

iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE(第2世代) / XS / XS Max / XR X / 8 / 8 Plus

他Qi対応スマホまたは機器

Pixel 4 / Pixel 4XL / Pixel 3 / Pixel 3XL

✴︎対応機種の情報は2020年11月以前のものとなります。

詳しい対応機種がしりたい方はこちら

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) の外観

それでは、Anker PowerWave 10 Stand(改善版) の外観を紹介していきます。

充電器は、スタンド型のデザインで「ANKER」の刻印がされているシンプルデザイン。

本体下の中央には丸いLEDランプがあります。スマホを置くとLEDが点灯するようになっています。

側面は、少し角度がついた斜めなデザインで角度は「60度」と充電中に前に倒れる心配もなく通知をしっかり確認できる角度どなっています。

台の厚みは「8cm」はスペック表通りで厚みがある。100円均のような薄い作りの作りではなく、しっかりとスマホを支えられるデザインとなっています。

背後は、充電端子が配置されていて端子は「Micro USB端子」となっています。

スペック表でのサイズは高さ11.4cmですが実際に測ってみると全長は約13cm、台から測ると高さ約11.4cmでした。本体の配置を考えるなら「全長+スマホ」の長さで考えるようにしましょう。

裏面は滑り止めにもなっているので、よほどの揺れがない限りズレることはありません。

重量は108gと記載されていますが、実際は114gと誤差があります。誤差はあれど軽量なの間違い無いので多少の誤差は許容範囲とみましょう。

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) の外観まとめ

スタンドの可変はできませんが、充電時に倒れないように傾斜を持たせ底には滑り止めにより充電器自体が移動しないように考えられている。

重さもそれほど重くはない、高さもちょうどいい高さだから置いていても気にならないです。

以上がAnker PowerWave 10 Stand(改善版) の外観の紹介でした。

お待たせしました。それではPowerWave 10 Stand(改善版) を実際に使ってみた感想を紹介していきます。

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) レビュー

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) を購入した理由

ワイヤレス充電器を購入するまでは、iPhone8を所持しながらもケーブル接続で充電を行なっていました。

iPhone8を購入した当初の「ワイヤレス充電」は、市場に売り出されたばかりで値段も高く純正品もまだ発売されていない。おまけにワイヤレス充電に対応した商品も少なかったのが購入しなかった理由になります。

ですが月日と共に技術は進歩し純正品も発売されるようになり、ワイヤレス充電器を扱うメーカーも増えたことから数年前と比べるとやすく購入できるようになってきました。

それが購入の一番の理由でもありますが、その他にも「iPhone8」から「iPhone12mini」へ機種変更したことで新たな商品を試してみたいという好奇心が購入の決め手になっています。

iPhone12miniのレビュー記事はこちら!

【iPhone 12 miniレビュー】iPhone 8から乗り換えてわかった!外観・カメラ性能・使用感を徹底比較

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) の使用感

それでは、 PowerWave 10 Stand(改善版) を実際に使用した感想を紹介していきます。

初めてワイヤレス充電器を利用してみた感想は「充!充電が速い!」でした。

スマホは「iPhone12mini 」で充電は「PowerPort III Nano 20W」に「Micro USB 」の組み合わせで急速充電ができてしまうから急いでいる時には非常に便利なところが気に入っています。(iPhone12miniのバッテリーの残量が「45%」の状態で充電すると100%になるまで約1時間30分で完了する。)

また、充電中にスマホが使えないと思いきやスタンド型で傾斜がついているから通知も確認ができるし、動画の視聴も可能。場所さえ確保できれば作業しながらでも通知確認ができてしまうから、スマホを手に取る手間がなくなり、落下の心配やケーブルの長さを気にすることがなくなりました。

あと、これはPhoneユーザーには便利と思ったのが「AirPods」も充電が可能。

筆者は「AirPods」を持ち合わせていないので体感できないのが残念なところですが、「AirPods」と「iPhone」の両方を持ち合わせているAppleユーザーならこれ一台で急速充電ができてしまうから充電時間の短縮ができて便利なこと間違いないです。

ワイヤレス充電器にしてから「パッ!」と置いて「スッ!」と取るだけだから動作のストレスがなくなりました!

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) を利用して良かったところ

PowerWave 10 Stand(改善版) の良いところ
  • 7.5w急速充電だから短時間で充電が完了する。
  • 充電しながらの通知と動画視聴が可能。
  • iPhone12シリーズやAirPods Proの充電が可能。
  • ケーブル接続の脱着が無くなった。

ここでは、 PowerWave 10 Stand(改善版) を使用して良かったところを紹介していきます。

PowerWave 10 Stand(改善版) を利用して良かったところは、短時間充電ができケーブル接続での脱着がなくなったこと、充電しながらの通知や動画の視聴をスタンドに置いてできるのが良いところである。

ワイヤレスにしたことでケーブル脱着が不要となり端子が故障する心配がなくなりました。

また、ありがたいことに規格内のスマホケースならつけたまま充電が可能だから充電毎に外す必要がありません。

それでいて、本体価格が3,000円以下(税込)とお手頃価格となっている。初めて購入を考えている人にとって損はない充電器と言えます。

Anker PowerPort III Nano 20Wの確認はこちら!

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) を利用して悪かったところ

PowerWave 10 Stand(改善)の悪いところ
  • スタンドの角度が調整できない。
  • iPhone12miniだと縦置きで反応しない時がある。
  • アダプターが付属していない

良かったところの紹介が終えたところで悪かったところについても紹介していきます。

PowerWave 10 Stand(改善版) を利用して悪かったところはQuick Charge 2.0/3.0対応急速充電器(12V対応)に対応したコネクタが付属していない、スタンドの角度が変えられないところがあげられます

また、表をみるとiPhone12miniは対応していることになっていますが、ごく稀といいますが置き方の問題で充電がされない事があります。

これについては推測になりますが、スマホとスタンドの磁気が数センチずれているんだと思っています。

試しに、割り箸一本くらいの厚みがある板を置いてみたところ充電ミスがなくり、正しく充電されるようになりました。

台とスマホの間に割り箸を置いて充電

標準サイズのスマホなら問題なさそうですが、iPhone12mimiは小さいためこのような問題がおきてしまうんだろう。

もしも、購入してからこのような問題が頻繁に発生するなら、板で高さ調整する事をおすすめします。

matu

iPhone12以上だと大きさは問題ないのでminiの方は注意です。

因みに、付属されていないアダプタはアマゾンで同じメーカーの物を購入しました。(購入した経緯は別記事で紹介予定)

ワイヤレス充電を利用するのに合わせて購入した物はこちら!

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) をおすすめな人

ここでは、PowerWave 10 Stand(改善版) の購入を考えている人向けに、こんな人がおすすめだと言う人を紹介していきます。

PowerWave 10 Stand(改善版) をおすすめな人
  • Amazonでの評価が高い商品が欲しい。
  • ワイヤレス充電を使ってみたい人。
  • パッド型ではなくスタンド型を使いたい人

ワイヤレス充電が初めてな人やパッド型(平型)は安定しないから苦手な人に対してもスタンド型のPowerWave 10 Stand(改善版) を強くおすすめしたい。

なぜなら、ズレないようにデザインされて、台は厚めだから安定感がある。

それでいて、スマホを置けばランプが点灯する仕組みだから充電ミスが起きにくい仕様になっているから初めての人でも簡単に使いこなすことができるからなんです。

 また、PowerWave 10 Stand(改善版) は通販サイトで多数取り扱われ、中でも通販サイト大手のAmazonの評価は五段階中の4評価と高くベストセラー商品です。

評価を参考にしたい人にとっても十分期待できる商品といえます。

Anker PowerWave 10 Stand(改善版) レビューまとめ

PowerWave 10 Stand(改善版) をまとめると以下のとおり

PowerWave 10 Stand(改善版) の良いところ
  • 7.5w急速充電だから短時間で充電が完了する。
  • 充電しながらの通知と動画視聴が可能。
  • iPhone12シリーズやAirPods Proの充電が可能。
  • ケーブル接続の脱着が無くなった。
PowerWave 10 Stand(改善)の悪いところ
  • スタンドの角度が調整できない。
  • iPhone12miniだと縦置きで反応しない時がある。
  • アダプターが付属していない
PowerWave 10 Stand(改善版) をおすすめな人
  • Amazonでの評価が高い商品が欲しい。
  • ワイヤレス充電を使ってみたい人。
  • パッド型ではなくスタンド型を使いたい人

ワイヤレス充電器の中でも軽く、作りがしっかりしている。iPhoneユーザーなら純正品が欲しいところ、ですが3000円(税込)以外でワイヤレス充電が可能なのは1台持っていても損はないでしょう。

以上がPowerWave 10 Stand(改善版) のレビューとなります。

では、また機械があればお会いしましょう。

matuでした!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

既婚30代男性。
ガジェット、ゲーム、スポーツ観戦、映画鑑賞が趣味。
30代後半から心の幸せを目指すべく「趣味ブログ」を構築中!
ガジェットや趣味について発信しています。
ガジェットのレビュー依頼は「DM」より気軽にご相談ください。

お応援よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる