\ 最大10%ポイントアップ! /

【WORLD GADGETS Juicy Apple】Apple Watchを充電できる4in1ドッキングステーションレビュー

この記事にはプロモーションが含まれています。

Apple Watchを利用している人で、スマホ(iPhone)は必ず充電するのにApple Watchだけたまに充電を忘れてしまい、朝になって慌て充電する人は多いのではないでしょうか。

結果、最終的には充電ができず充電器を持ちだすかApple Watchを置いて行くことになってしまいますよね。

そんな状況になっても安心して充電できるアイテムがあると便利だとはおもいませんか?

そこで、今回紹介するのがApple Watchを充電できるWORLD GADGETS製のApple Watch専用のモバイルバッテリー 「Juicy Apple」の紹介です。

モバイルバッテリーだけではなく充電器 、充電スタンド 、USBハブの役目を果たす「Juicy Apple」。使い勝手の良いアイテムはまさに4in1ドッキングステーション。

これ一台あればApple Watchをどこでも、いつでも充電できるようになります。

そんな「WORLD GADGETS Juicy Apple」を本記事ではわかりやすくレビューしていきます。

この記事を読んでApple Watch専用のモバイルバッテリー選びの参考にしてくださいね!

この記事はWORLD GADGETS様より製品提供をいただき作成しています。

目次

WORLD GADGETS Juicy Appleの概要

「WORLD GADGETS Juicy Apple 」はApple Watchを2回以上充電できるバッテリーを搭載し、強力なマグネットは置くだけ充電、付属のスタンドを使えば「ナイトスタンドモード」に対応。パッと置くだけで充電してくれる使い勝手が良いアイテムです。

また、パワーハブ機能を搭載しており、USB-Cポートに対応するケーブルを接続すればApple Watchだけではなくスマホやタブレットの充電が可能。「WORLD GADGETS Juicy Apple 」を充電したままなら小型ゲーム機やワイヤレス充電器への充電も可能です。

製品のメイン部品にはAppleの純正パーツを採用していることで、公式認証「MFi認証」を取得済み。高い品質と互換性を保証しており、充電による異常な発熱からくる破損の恐れはありません。安心してApple Watchを充電させることができます。

これだけの機能がついて重さはたったの54gとモバイルバッテリーの中では軽量。ポケットや鞄の中に入れても邪魔にならないコンパクトさの製品です。

WORLD GADGETS Juicy Appleの概要
おすすめ度

WORLD GADGETS Juicy Appleの特徴

  • ・Apple公式のMFi認証のバッテリー
  • ・Apple Watch全シリーズの充電に対応
  • ・置くだけ簡単のワイヤレス充電対応
  • ・一度の充電で2回充電可能
  • ・同時充電できるパススルーに対応

WORLD GADGETS Juicy Appleのをおすすめな人

  • 外出先でもApple Watchを充電したい人
  • 手持ちのデバイスも同時に充電したい人
  • 充電しながらナイトスタンドモードを使いたい人
  • よくApple Watchの充電を忘れる人

WORLD GADGETS Juicy Appleのの評価
デザイン
4.0
充電速度
3.0
サイズ感
4.5
発熱性
4.0
重力感
4.5

✴︎「評価基準」は、最高評価に「5」を付与、最低評価に「1」を付与。あくまで、個人的に採点していますので参考程度に留めてください。

WORLD GADGETS Juicy Appleの仕様

Juicy Appleの仕様は以下の通りです

メーカーWORLD GADGETS
商品名Juicy Apple
カラーホワイト
接続方式USB-C
USBポートの総数‎2
コネクタのオス/メス‎オス-オス
対応機種‎Apple Watch全シリーズ、第2世代AirPods Pro
バッテリー容量925mAh
入力(バッテリー)5V=0.4A
入力5V=3A
最大出力15W
付属ケーブル‎USB-C to Cケーブル
その他 機能‎MFi認証済み,ワイヤレス充電、パワーハブ機能、パススルー充電
梱包サイズ‎40x 60 x 21.5mm
重さバッテリー:54g/ドック:26g

WORLD GADGETS Juicy Appleの使い方

ここでは、「WORLD GADGETS Juicy Apple」の簡単な使い方について紹介していきます。

Juicy Appleの使い方

USBを繋げる

Juicy Appleの背面の端子に付属のUSB-Cケーブルを接続します。パソコンやモバイルバッテリー、充電器に繋げてください。

バッテリーをセットする

ドックにバッテリーをセットします。お好みで前面にシリコンシートを貼り付けます。

Apple Watchをセットする

「WORLD GADGETS Juicy Apple」のバッテリー部分にApple Watchをセットします。

これにて使い方の説明は終わりますが、最後にモバイルバッテリーのLEDランプの表示について紹介します。

LEDランプは丸いボタンを「2秒」以上長押しすると残量の確認ができるようになります。残量の表示は以下の通りです。

LED表示残量
75-100%
50-75%
25-50%
0-25%

✳︎バッテリーは10%以下になると赤点滅します。

WORLD GADGETS Juicy Appleレビュー

ここからは「WORLD GADGETS Juicy Apple」(以下:Juicy Apple表記)を使ってみた感想をレビューしていきます。

4 in 1のモバイルバッテリー

パワーハブモード

数多くのApple Watch用スタンドある中、充電器、スタンド、バッテリー、パワーハブの4つを1つに詰め込め込んだ4 in 1のモバイルバッテリー「 Juicy Apple」。

Apple Watch用の充電としてなら外出先でモバイルバッテリーなどから充電することができ、自宅では充電端子を繋いでスタンドなるど大変便利なアイテムです。

スタンドモード
バッテリーモード

省スペースな充電器であり、寝室のテーブルなどあまり設置スペースが取れない場所でも置きやすいのは嬉しいポイント。

また、Juicy Apple本体側のUSB-Cポートを様々なデバイスの充電をすることも可能であり、充電スタンドとしてはApple WatchとAppleのAirPods Proも充電させる事ができるのもこの製品の良いところ。

バッテリー上部にあるドックの空き端子に接続すればパススルー接続が可能と多用途となっているので充電口の空きがなく一度に多くのデバイスを充電したい方にとっては嬉しい仕様となっています。

matu

時間はかかりますがゲーム機の充電もできます!

持ち運びやすい手のひらサイズ

「Juicy Apple」はモバイルバッテリーながら重さ54gとわずか10cmで充電できるコンパクト感が魅力です。

手に取ってみても、片手に収まるサイズ感と軽さに驚きを隠せません。カバンやポーチに入れてもモバイルバッテリーがあるのかわからないほど小さいです。

Juicy Appleをポーチに収納
ポーチに収納

充電させてみれば、Apple Watchやその他のデジタル機器も充電ができる多様性のあるモバイルバッテリー。かさばらず外出先に手軽に持ちだせるので重宝しています。

matu

手軽なサイズ感が気に入っています。

Apple Watchのナイトスタンドモードに対応

「Juicy Apple」はただの充電スタンドしての機能だけではなく、Apple Watchのナイトスタンドモードに対応しています。

「ナイトスタンドモードとは、Apple Watch側の設定をオンにして、横向きに充電すれば画面上の時計が横向きにデジタル表示されるようになる便利な機能。

常時、ベッドサイドやPCデスクでで時刻を確認することができるので室内時の代わりとなってくれます。また、「Juicy Apple」はコンパクトサイズなのでベッドサイドにおいてApple Watch を目覚まし時計としても使えます。

室内時計・目覚まし時計の代わりになる便利なスタンドです!

Juicy Appleがあれば3日間電池切れの心配なし

小型なモバイルバッテリーにも関わらず、925mAhもの容量を搭載。一回の充電でApple Watchを2回以上もフル充電することができます。

つまり、コンセントがなくても「Juicy Apple」さえあればどこでもApple Watchを連続して充電することができるようになる便利なアイテムつなります。

マイクロUSB接続で充電
Apple Watchを充電

前日にApple Watchの充電を忘れても焦ったりすることがなく、移動中、外出先で手軽に充電できるので、私のように帰宅したら机の上に置いたままの人にはピッタリ。

今では手放せないほど重宝しており、もっと早く出会いたかった。それぐらい気に入っています。

MFi認証のモバイルバッテリー

「 Juicy Apple」は2022年にAppleによる厳しい検査に合格しAppleのMFi認証(Made for iPhone)を取得。

磁気充電モジュールにはApple純正のパーツを採用しているので互換性の心配はありません。

ちなみに、認証はAppleの「MFi Licensed Accessories」サイトで、本製品のJANコード「4595121494013」を検索すると確認することができます。

気になる点としては、日本の安全規格「PSE認識」に適合していないので安心して使って良いのかと言うところですが、これについてはWORLD GADGETS さんの公式サイトのQ&Aでこう示されていました。

以下クラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」の質問より引用

Q:支援後、中国製造だと判りびっくりしてます PSEマーク無しで大丈夫との事でしたが、 中国製造、PSEマーク無しで何らかの事故が有ったらどうするつもりでしょうか?

A:ご質問ありがとうございます。 各種保険に加入済みですので、何かあればすぐにお知らせください。 またPSE認証に関してご説明いたします。 PSE認証というのは、自然発火の危険があるような強力なパワーを持ったバッテリーのみが対象となる法律です。 それだけ “危険な大容量バッテリー” だけど “安全に使える” ように設計をしてあるよ という認証で、それは “大容量で危険なバッテリー”しか 、検査自体 受けることができません。 しかし、今回使用しているバッテリーはとても小さく、自分で発火するようなパワーは到底ありません。 つまり”小容量で危険性の低いバッテリー”なので、PSE認証の対象外なんです。 それについては、国の指定する検査機関から危険性なしのお墨付きをいただいておりまして、証明することもできます。 私も当初はPSE認証が当然必要だろうと考え、その検査機関と連絡を取り合ったのですが、そんな弱いバッテリーは危険性が低いためPSE認証を取ることはできません、検査も受けられませんと軽く笑われてしまいました。 うまく伝わるかどうかわかりませんが、子供にプレゼントした三輪車に対人対物無制限の自動車保険をかけようとしたら、笑われて門前払いされたようなイメージです。 ご安心いただけましたでしょうか。 お届けに時間を頂戴しており とても心苦しいのですが、少しでもお客様の不安を取り除くことができたら幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

と、申請はしたものの申請基準に入らないもの安全である事が伺えます。充電による発熱も見受けられないので安心と言って良いでしょう。

AirPods Proへの充電にも対応

Apple Watchへの充電以外に、ワイヤレス充電ケース付きであればAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」への充電ができる仕様となっています。

公式によると2022年に発売されたAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods Pro(2世代)」へは対応しているとのことです。

Lightningケーブルを必要とせず、充電器上に充電ケースを置くだけで充電ができるのでケーブルレスが好きな方には便利な機能といえます。

ただ、単体なら一回のフル充電を行うことができますがApple Watchとの同時充電はできません。充電する組み合わせに注意が必要です。

WORLD GADGETS Juicy Appleのメリット・デメリット

コンパクトなのにApple Watchを約2回ほどフル充電なのは外出先や旅行時に重宝するバッテリー容量とワイヤレス充電に対応。

鞄やポケットにすんなり入る軽量なサイズ感はスマホより軽く手軽に持ち出せるのが嬉しいポイントです。

また、Apple Watchと同時に他のデバイスも充電できるパススルーに対応は屋内外限らず充電を一気に済ませる事ができる便利さがあります。

メリット
デメリット
  • Apple Watchを約2回フル充電可能
  • ワイヤレス充電に対応
  • わずか54gの軽量バッテリー
  • パススルー充電に対応
  • 防水仕様ではない
  • 充電時間が長い
  • 説明書はQRコード式

一方、手軽に持ちだせるので屋外で重宝するのですが、防水仕様ではないのでキャンプや釣りで利用には注意が必要であったり、取り扱い説明書が紙タイプではなくQRコードを読み込ませるデジタルタイプ。

スマホやPCが苦手な方には使い方に苦戦する人もいるのでこの辺りは簡単なスタートアップガイドが欲しいところ。

また、小型のワイヤレス充電器はいいのですが、やはり小型と言うのがマイナスなのかApple Watchを0%から充電させると約4時間ほどかかります。急いで利用したい方には不向きで充電しながら移動するならベストなバッテリーと言えます。

充電速度に難がありますがそれでも4in1の用途がある使い勝手がよいモバイルバッテリーなのは変わりありません。

Juicy Appleのよくある質問

どのバージョンのApple Watchでも使えますか?

どの種類でも使えます。最新版も対応しています。

保証はついていますか?

 お届けから12ヶ月以内の不良に関しては交換対応いたします。

バッテリーは防水ですか?

いいえ、防水ではありませんので、液体などで濡らさないようにしてください。

充電時間はどれくらいですか?

 Apple純正ケーブルとほぼ同じ充電速度となります。

WORLD GADGETS Juicy Appleの開梱と外観

パッケージ表
パッケージ裏

パッケージは白を基調としたシンプルなデザイン。表は商品とApple認識が描かれており、裏面は仕様と商品説明が記載されています。

Juicy Appleの同梱品

「Juicy Apple」の付属品は、モバイルバッテリー本体、ドッキングステーション、USBケーブル、シリコンパッド、取扱説明書となっています。

Juicy Apple正面
Juicy Appleの横面

正面はApple Watchを充電させる円状の磁気があります。

Juicy Apple上部
左:電源ボタン/中央:LED /右:マイクロUSB

上部にはとマイクロ端子、電源ボタンがあります。USB端子はケーブルを使った有線での充電もできる仕様です。

背面
上部:ストラップ/下部:商品情報

背面には手やフックに掛けれるストラップと製品情報が記載されています。

下部
下部:充電端子

底面はドックへ充電するための磁気端子があります。端子はメス側で凹みがありスタンドにして邪魔にならないデザインとなっています。

ドック上部
ドック上部(正面)

ドック上部は、充電器と接続する磁気端子とApple Watchを置くための受け台となっています。

ドッキング
AppleWatchと接続

ドックとバッテリーをドッキングするとこんな感じ。受け台にはApple Watchをしっかり固定できるようにシリコンを使って調整します。

ドック(裏)
ドック(正面)

サイドと後面に、USB-C端子を配置。ケーブルタイプは汎用性の高いUSB-C to Cケーブルとなっています。

ケーブルと接続
LED点灯

ドックとケーブルを接続するとこんな感じです。USB充電または充電器に接続するとバッテリーのLEDが点滅します。

ドック裏面
メーカーロゴ

裏面は滑り止め用にシリコンが張り付いています。上部には「WORLD GADGETS 」と刻まれています。

バッテリー重さ
総重量

充電器単体は54g、ドックと合わせての総重量は80gとなります。充電器はモバイルバッテリーの中で軽量の類に入ります。

WORLD GADGETS Juicy Appleレビューまとめ

この記事は、「【WORLD GADGETS Juicy Apple】Apple Watchを充電できる4in1ドッキングステーションレビュー」について書いてきました。

Apple Watchを最大2回のフル充電と第2世代AirPods Proへの充電に対応したモバイルバッテリーは54gと軽量なことや鞄やポケットに入れてもかさばらないので持ち出しながら充電ができる手軽さがこのバッテリーの良いところ。

前日に充電を忘れても移動中に充電できるし、バッテリーのマイクロUSBケーブルを使えば充電もできるので出先で充電がなくなっても安心です。

また、ドック使用時ならApple Watchのナイトスタンドモードに対応していのでアラーム設定や時計としての機能を果たしてくれます。

バッテリー速度は容量が小さいので強くは求められませんが何処でもApple Watchを充電できると考えると「Juicy Apple」は優れた小型のモバイルバッテリーで旅行やキャンプ、出張が多いかたは是非、検討してもらいたい製品です。

この記事を読んでApple Watchの充電器選びの参考になれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次