\ 最大10%ポイントアップ! /

ESR Krystecクリアケースレビュー|HaloLock搭載!透明度を持続できる超黄ばみ防止ケース

この記事にはプロモーションが含まれています。

iPhone 14を購入したら気になるのがケースの問題。様々なケースがありどれにしたらよいか悩んでしまいますよね!

そこで、今回紹介するのが「ESR Krystecクリアケース」です。

ケースは、iPhoneのカラーとロゴを損なわず常に見ることができるほどの透明感の高いクリアな作りは手にしてもツルツル感がなく持ちやすい。

手汗や汚れによる黄ばみが付きにくい加工に、角は落下の衝撃にたえうるガード加工と保護力が抜群なケースです。

そんなESR iPhone14クリアケースを本記事では詳しくレビューしていきます。この記事を読んでiPhoneのケースの参考にしてくださいね。

この記事はESR様より製品をご提供いただき作成しております。

目次

ESR Krystecクリアケースの概要

ケースは、全面クリア素材の黄ばまないポリカーボネート「Krystec」を採用。高品質のポリマーを組み合わせることで高い透明感と保護力を実現。装着したままAppleのロゴをみることができます。

背面には、吸着力1,500 gの強力な磁力のMagSafeを搭載。Apple製のMagSafe、他社製のMagSafeアクセサリーに対応しています。

特に同社のアクセサリー「HaloLock」とは相性が良く装着感は抜群。カバンに入れてもズレない、手に持ってもズレない吸着力があります。

ケースで重要な保護力は、四角に落下衝撃を吸収するエッジ加工に、カメラ部分にでっぱりを抑えたフラットの作りカメラの枠は隙間がなくホコリや水の侵入を防ぐ保護力。

フィット感もよく滑り落ちないシンプルなデザインはiPhoneのカラーやロゴを目立たせたい人にピッタリなケースとなっています。

ESR Krystecクリアケースの概要

ESR Krystecクリアケースのおすすめ度

おすすめ度

ESR Krystecクリアケースの特徴

  • 超黄ばみ防止のスマホケース
  • 吸着力1,500 gの強力な磁気吸着
  • 衝撃を吸収する米軍MIL規格技術採用
  • ストラップホール付き
ESR Krystecクリアケースの評価
デザイン
4.5
強度・保護
4.5
汚れ・反射
3.5
機能性
4
操作性
4.5

✴︎おすすめ度、評価基準の採点基準については、最高評価を「5」とし、最低評価を「1」としています。また、あくまで、個人的に採点していますので、採点につきましては参考程度に留めてください。

ESR Krystecクリアケースの仕様

超黄ばみ防止効果のある「ESR Krystec ケース」の仕様は下記の通りです。

ブランドESR(Electronic Silk Road Corp)
商品名Krystec
クリア
仕上げ光沢
素材TPU+PC+マグネット
対応機種iPhone14, iPhone13
対応サイズ6.1インチ
重さ34g(ケースのみ)
サイズ(梱包サイズ)15.08 x 7.56 x 1.36 cm
その他磁気ワイヤレス充電, Magsafe対応, 高い透明感, ストラップホール付き, SGS認証

ESR Krystecクリアケースレビュー 

ここからは、「ESR Krystecクリアケース」を実際に使ってみた感想をレビューしていきます。

スマホのカラーを損なわない透明感

超透明なポリカーボネートを採用している「ESR Krystecクリアケース」はケースの見栄えが向上するだけでなく、他のどのケースよりも長く透明度を維持することができるのが特徴。

TPU素材のケースに比べ「黄ばみ耐性」がある上に、側面に薄いコーティングをしていることで落としても簡単にスマホ本体を破損させない耐衝撃性があります。

耐衝撃性と聞くと「ゴツゴツ」していると思ってしましますが、ケースは薄くグリップ感はしっかりとした握り心地で、実際に装着してみてもESRさんの通り透明度は非常に高く、iPhone14のカラーを損なわないからいつみても「綺麗」のままiPhone14を見ることができます。

また、ぴったりはまるのでツルツルすることはなく、しっかり手にフィットするのでグリップに関しては高い安心感があります。

「ESR Krystecクリアケース」は薄くて見た目も美しく、保護力を高めてくれるケースを探している方にぴったりです。

黄ばみが付きにくいスマホケース

スマホケースを長く使っていると、色々な汚れが目立ってきて、特に気になるのが「黄ばみ」や「黒ずみ」。

これらの汚れに悩まされている方は多いはず。しかし、「ESR Krystecクリアケース」は黄ばみが付きにくい特殊な加工がされている。他社のTPU素材のケースよりも劣化に強く、紫外線にも強い。一年で汚れが目立つことはありません。

紫外線による劣化の場合、「酸素系漂白剤」で落とすことができますが、ひっとしたら「ESR iPhone14クリアケース」はその必要性がなくなるかも知れません。

とはいえ、この辺りは使いはじめて数ヶ月ですので結論は長期間使ってみてお伝えできればと思っております。

角の衝撃に強いガード加工

「ESR Krystecクリアケース」はアメリカ国防総省が採用している「MIL規格」に対応したケース。落下による故障を軽減してくれるほど信頼できる硬さは、コンクリートに落としてもスマホの全損を防いでくれる高い保護力。

四角のガード加工は、角落ちによる液晶や背面ガラスのひび割れを防いでくれます。デザイン性は欠きますが、傷を防げるポリカーボネート素材を使用しているのも特徴で、iPhoneを大事に使用したい方におすすめなケースです。

簡単に外れない磁力のMagSafe

ESR Krystecクリアケースは、MagSafeに対応したスマホケース。吸着力は1,500 gと強力な磁力を持っています。

同社の「HaloLock」に対応したモバイルバッテリースマホリングスタンドとの相性は抜群!実際に装着くして見て簡単に落ちない強さがあります。1,500 gと強力な磁力と言うのは嘘ではないようです。

また、カバンに入れてもまったくズレないので、安心して移動中の充電を行えます。正直、MagSafe対応のクリアケースで低価格のものはこれ以上におすすめできるものはありません。

「HaloLock」に対応したモバイルバッテリースマホリングスタンドはiPhoneアクセサリーの中で気に入っているます。下記の記事で詳しく紹介しているので興味がある方は合わせてチェックしてくださいね!

TORRAS 初霜ケースと比較

ESR Krystecクリアケース
TORRAS 初霜ケース

ここでは、透明素材と黄変防止に優れた「TORRAS 初霜ケース」と比較していきたいと思います。

まず、TORRASが新開発した「TORRAS 初霜ケース」は、ベタつきや指紋、油汚れなどの問題を徹底的に解決するために造られたケース。その名の通り、実際に手にしても指紋がつきにくくベタベタしない。いつでもサラサラで美しい状態で使用できる右上に、滑り落ちることがないのが特徴です。

ケース本体に強力な磁力を持つMagSafeに非対応ではありますが、MagSafe充電にしっかり対応。ただし充電器を吸着させる磁力がないので位置が合わせにくかったり、外れやすかったりします。

しかし、MagSafeマークがない分背面の見栄えは綺麗なケースです。スマホ本体のデザインをそのまま活かしてくれます。

 黄ばみ防止と言う点ではどちらも同じ効果がありますが、MagSafe充電器のくっつきやすさと考えるなら「ESR Krystecクリアケース」がおすすめと言えます。

ブランド名‎TORRASESR(Electronic Silk Road Corp)
商品名初霜Krystec
価格2,699 (税込)3,299 (税込)
カラークリアクリア
素材TPUTPU+PC+マグネット
加工技術耐黄変性超黄ばみ防止
耐久性「MIL-STD-810G」準拠米軍MIL規格
対応サイズ6.1インチ6.1インチ
サイズ‎iPhone 14/13用‎iPhone 14/13用
梱包サイズ‎17.6 x 9.7 x 1.9 cm15.08 x 7.56 x 1.36 cm
重さ 60 g44g(ケースのみ)
その他 機能‎軽量, 防指紋, スリムフィット, 衝撃吸収, 防滑,ストラップホール付き磁気ワイヤレス充電, Magsafe対応, 高い透明感, ストラップホール付き, SGS認証

こちらで比較した「TORRAS 初霜・Mist Series ケース」は過去に詳しく紹介していますので興味がある方は合わせて読んでみてくださいね!

ESR Krystecクリアケースのメリット・デメリット

超黄ばみ防止のKrystecクリアケースを使ってみた感じは、四角に衝撃吸収に耐えうるエッジ加工、ケース全体は隙間のないピッタリな加工と保護力は抜群です。米軍MIL規格に対応しているので安心してケースを使用することができます。

黄ばみに強い「超黄ばみ防止」技術はスマホのカラーを損なわず、いつまでも綺麗のまま使用するこどがで、片手で持っても簡単に滑り落ちにくいTPU素材も採用しているなど3千円台の中では優秀なケースと言える。

また、吸着力1,500 gの強力な内蔵磁石を搭載したMagSafe機能はHaloLockやMagSafeアクセサリーをしっかり固定することができる強さがあります。カバンに入れてもぶら下げても簡単にズレたり落ちたりしません。

メリット
デメリット
  • 衝撃吸収の米軍MIL規格に対応
  • 隙間のない正確なカット加工
  • 滑らないTPU素材
  • 吸着力1,500 gの強力な内蔵磁石
  • クリアなので指紋が目立つ
  • 全面TPUなので背面の強度が不安
  • 一度ケースにはめると外しにくい

一方で、クリア素材特有の指紋がつきやすいことや背面がTPU素材でありガラス素材を採用しているケースと比べると耐衝撃の不安があるのがデメリット。

また、スマホに合わせたピッタリなデザインは隙間がなくメリットではありますが、一度はめると外しにくいという欠点があります。外す際、勢いでスマホが落下する恐れがあるので注意が必要です。

この3つを除けば、「超黄ばみ防止のESR Krystecクリアケース」はシンプルでワイヤレス充電やMagSafeにも対応した保護に優れたケースと言えます。

ESR Krystecクリアケースの開梱と外観

パッケージはメーカーのイメージカラーと商品の特徴を全て英語で描かれたデザイン。裏面も英語表記で仕様が描かれています。

ESR iPhone14クリアケースを開梱していきます。中身はケース本体、ユーザーガイドとなっています。

ケースは全面クリアの素材に黄ばみ防止の加工がされているTPUを採用。スマホのカラーを損なわず黄ばみ加工がされているのは嬉しいポイントです。背面の内側にはMagSafeマークとブランド名がが描かれています。

サイド左にはサイレント、音量ボタンは柔らかく押しやすい。下部にストラップホールがあります。サイド右には電源ボタンありこちらも柔らかく押しやすい。下部にブランド名が描かれています。

iPhone 14に装着させてみた感じはこんな感じ。ケースのフチが画面より高く、下向きに置いても画面が接触しないので傷の心配はありません。

カメラ部分はでっぱりを抑えたフラットの作り隙間がないと言うくらいのぴったり感があります。隙間がなくジャストサイズの仕上がりです。

matu

ホコリや水の侵入を防いでくれます。

ケースの角は、衝撃を吸収するガード加工と液晶画面はエッジ加工の仕上がり。手元から落としてもスマホをしっかり保護してくれる硬さがあります。

ケース単体の重さは44gになります。

ESR Krystecクリアケースレビューまとめ

この記事は、「ESR Krystecクリアケースレビュー|HaloLock搭載!透明度を持続できる超黄ばみ防止ケース」について書いてきました。

全面クリア素材の黄ばまないポリカーボネート「Krystec」を採用したケースは、高品質のポリマーを組み合わせることで高い透明感と保護力を実現。

装着したままスマホ本来のカラーとAppleのロゴを隠さずいつまでも綺麗のまま維持できる。

角にガード加工、液晶にはエッジ加工に加えアメリカの米軍MIL規格を採用したケースの保護力は抜群です。落下させてもiPhoneに致命的なダメージを与えない強さがあります。

長期的に利用したい方、iPhoneを下取りにしたい方はおすすめと言えるケースなので、「ESR Krystecクリアケース」の購入を検討してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次