\ 最大10%ポイントアップ! /

MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース&スタンドセットレビュー|磁力強めなケースと便利性抜群なスタンドのお買い得セット

この記事にはプロモーションが含まれています。

2022年発売されたiPhone14シリーズ。手にした後に頭を悩ませるのがケースをどれ!にするかの問題。

iPhoneの”デザインとカラー”を隠さないクリアケースを選びたい。MagSafe機能を活用できるケースを選びたいと考えている人は多いはずです。

そこで、今回紹介するがのがMOFTから発売された「iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース&スタンドセット」です。スマホケースとスタンドがセットになったお得なアイテムです。

背面はMagSafeに対応し、本体はクリアでシンプルやデザイン。スタンドはいつでも着脱ができる仕組むで、ポケットにカードを収納が可能。

セットで利用することでどこでもスマホを置いて会議や動画を視聴できる便利性抜群なアイテムとなります。

本記事では、iPhoneのデザインとカラーを隠さないクリアが魅力なのMOFT「iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース&スタンドセット」について、使ってわかったことやメリット・デメリットを詳しくレビューしていきます。

目次

MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースの特徴

「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」はどこにでもあるスタンダードな造りですが、背面にMagSafeを搭載したスマホケースです。

約1.5mからの落下にもたえれるTPUフレームと頑丈な背面保護カバーとApple純正ケースと比較すると2倍の磁力を誇るマグネットが魅力的。どのアイテムでも簡単に外れることがありません。

また、わずか5mmの超薄型でポケットに入れても邪魔にならないデザイン。同社のスマホスタンドを組み合わせれば、自由な多角度で動画、会議、ライブ配信などを楽しむこともできます。

なめらかな肌触りで手に馴染む高級なPU素材は1つ持っていても損はないスマホケースです。

MOFT iPhone 14シリーズケースの概要

MOFT iPhone 14シリーズケースのおすすめ度

おすすめ度

MOFT iPhone 14シリーズケースの特徴

  • 純正よりも超強力なマグネット採用
  • 最大1mからの落下に耐える耐衝撃性
  • Snap-Onとの相性が抜群
  • スマホ本体のカラーを楽しめる透明色
MOFT iPhone 14シリーズケースの評価
デザイン
5
MagSafe機能
5
耐久性
4.5
機能性
4
汚れにくさ
3.5

✴︎おすすめ度、評価基準の採点基準については、最高評価を「5」とし、最低評価を「1」としています。また、あくまで、個人的に採点していますので、採点につきましては参考程度に留めてください。

MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースレビュー

MOFT iPhone 14ケースの使用感

「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」はクリアケースもあって、スマホ本体の色が見えるのは中長期的にみて飽きがこないのでとっても気に入ってます。

実際に手にした感想はTPU素材特有の滑りにくさはなくキュッと止まる感触のケース全体は硬くしっかりした作りをしており手にフィット。

背面のMagSafe分部はケースとケースの間に施され擦りによる消耗がない。気になる磁力は外れにくく、これまで着用してケースの中で一番の強さの印象です。

また、保護は充電差し込み口とスピーカー周囲をしっかりされており埃や水の侵入をしっかり防いでくれるので背面や側面に汚れがつきにくいデザイン。下取りや売却時になるべく綺麗にiPhoneを保ちたいと思っている方にはおすすめなケースです。

ちなみに私は、綺麗にiPhoneを保ちたい人なのでIPhone 14よりも早く買えば良かったと後悔するほど魅力的に感じています。

純正より強力なMagSafe対応

「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」はケース中央の内側にマグネットが内蔵されています。MagSafe充電器の際に向きがわかるようにホワイトカラーで描かれAppleの純正MagSafeケースよりも強力なマグネットを採用しています。

実際に純正ケースは持っていませんが「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」にMagSafe充電、アクセサリーを装着させても簡単に外れることはありませんでした。

ケースを付けると磁力が弱るように見えますが、変わらない使い方ができます。付けた状態でも通常のワイヤレス充電もできより速く充電できるという魅力があります。

iPhone 14への装着感

iPhone 14に装着してみた感じは、先に述べた通り滑りにくく、片手で持ってもキュッと止まる感触があります。エッジ部分はゴツゴツしておらずサイドのスイッチ周りは柔らかく押しやすく使いやすい。

サイドはラメのような斑点仕上げとなっており、音量調整、電源ボタン部分は隙間があり押しやすくなっていることにユーザーへの配慮が伝わってきます。

全体的を通し、スマートで半透明でiPhoneに馴染むデザインに好感が持てるケースです。

1.0mの落下に耐える耐衝撃

透明なエッジをあしらったケースはiPhone本来のカラーを生かしながら光りの反射でガラスのようにキラリと輝くのが魅力です。

さらに、落下時の強度もあり、1.0mくらいからiPhoneを落下させても安心な熱可塑性ポリウレタンの素材を採用。

手汗、油脂なと少量であればついたままケースを手にしつも落下することがない。2,000円以下のスマホケースとは違いしっかり馴染むグリップ感です。

ただし、油分が蓄積してくるとグリップ感は低下します。ついたまま利用せずになるべく早く濡れた布で拭き取ることが落下、劣化の防止となります。

MOFTスタンドを装着する

「MOFTスタンド」はMagSafe対応ケースに装着できるマグネットタイプのスマホスタンドです。

スタンド収納前
カード収納1枚

スタンド本体の磁力は、ケース本体に装着させても簡単に外れることのない強さをほこり、最大3枚まで収納できるカードホルダーとしての機能、動画やゲーム、SNSなどを楽しむことができるスタンド機能が魅力的なスタンドです。

ただ、カードは最大3枚までとなっていますが、厚めのカードを2枚入れると少しきつめな感じです。薄めなカード(ポイントカード、紙)なら3枚は可能ですか、定期、証明書とうを収納するなら1~2枚で運用するのが実用的です。

カード収納
カード2枚収納

その他、バンカーリングとしても使え、手持ちのときのグリップ力をより増してくれる隠れ仕様があるなど多機能スタンドです。

ESR iPhone14 レンズスタンド内蔵ケースと比較 

MOFT iPhoneケース
ESR iPhoneケース

ESR iPhone 14 レンズスタンド内蔵ケース」は、黄ばみ防止の加工がされた全面クリアTPU素材のデザイン。

昨日は、背面にMagSafeを搭載し、カメラレンズ部分には横・縦に立てることができるスタンドがあります。ケース角には衝撃を吸収するガード加工を液晶画面にはエッジ加工でしっかり保護する耐衝撃性抜群のケースです。

ESR iPhoneケース(スタンド機能)
ESR iPhoneケース(スタンド機能)

ただ、仕様を比べた限りではスタンド機能はどちらも似ていて大差はありませんが、ヒンジ強度が3,000 回以上の試験に合格している「ESR iPhone 14 レンズスタンド内蔵ケース」は耐久度という点で使用期間が短く、万が一壊れたらケースごと交換となるのでコスト面ではデメリットと言えます。

その点、「MOFTスタンド」は好きな時に着脱できることや、ケースとスタンドは別々であるためコストの面で言うなら「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」の方がおすすめと言えます。

もし、どちらのタイプで悩んでいるなら、装着したまま好きな時に縦・横置きで楽しめたいのなら「ESR iPhone 14 レンズスタンド内蔵ケース」をコストを抑え長くケースを利用したいと考えるなら「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」を選ぶのがおすすめです。

ちなみにそれぞれの仕様と特徴は下記の通りです。

ブランドMOFTESR 
商品名MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースESR iPhone 14 レンズスタンド内蔵ケース
価格5,080円(税込)3,499 円(税込)
クールホワイト/クリア/クリアブラッククリア
ケースタイプカバー型多機能一体型
サイズ(梱包サイズ)22.3 x 12 x 1.9 cm‎15.12 x 7.76 x 1.48 cm
重さ35g41g
対応機種iPhone 14 シリーズiPhone 13/14 用

ここで比較した「ESR iPhone 14 レンズスタンド内蔵ケース」の記事は下記の記事で詳しく紹介しています。MOFT以外のスマホケースも気になる方は是非、読んでみてくださいね。

MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースのメリット・デメリット

「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」は、なんと言っても1.5mから落下させても耐えることができる優れた熱可塑性ポリウレタン素材を採用。滑りにくくしっかりフィットするグリップ感があるので使用中に手からiPhoneが滑って落ちても簡単にヒビや割れない安心さがあります。

また、ケースの間に施工された強力なMagSafeは Apple純正のケースよりも強力となっているも魅力なです。純正ケースよりも安く強度があるケースをお探しならMOFT IPhone 14用ケースが一番と言っても過言ではありません。

メリット
デメリット
  • シリコン素材でも滑りにくい
  • 1.5mからの落下に耐えうる耐衝撃性
  • しっかり吸着する磁力の強さ
  • ボタン分部からホコリや水が入る
  • Magsafe充電器から外すのが大変
  • スマホケースにしては重量感がある

一方で、強力な磁力が魅力なのですが強すぎるが上にMagsafe充電器から外す際、片手ではなく両手で外す必要があります。また、スマホケースにしてはやや重量感があるので長時間持っていると手首が疲れることやボタン分部からホコリや水が入ってくるので100%保護とはいきません。水が入った際はiPhoneからケースを着脱し拭き取るか乾燥させる必要があります。

直ちに乾燥させる必要はありませんがそのままにしておくとケースの劣化の原因になったりiPhoneが破損している場合、そこから水が侵入し水没につながることもあります。ボタン分部から水が入ることがあることを認識しておく必要があります。

MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースの仕様と外観

仕様

Magsafe対応、耐衝撃性のあるMOFT iPhone 14シリーズケースと最大3枚までカードを収納できるMOFT スタンドの仕様は下記の通りです。

ブランドMOFT
商品名MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース
クリア/スモーキー/ブラック/クールホワイト
タイプカバー型
素材熱可塑性ポリウレタン
サイズ22.3 x 12 x 1.9 cm
重さ35g
対応機種iPhone 14 シリーズ
その他MagSafe対応
商品名MOFT iPhone 14シリーズスタンド
タイプスマホスタンド
対応機種iPhone 14 シリーズ
素材フェイクレザー
その他機能 カード収納(最大3枚)

外観

「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」のパッケージは商品イメージが印字されているのみのシンプルなデザイン。裏面にはケースの使用用途と使用が記載されています。

セットのMOFTスタンドも商品イメージが印字されているのみのシンプルなデザイン。裏面はケースと同じく使用用途と使用が記載されています。

MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースの外観は、クリア(透明)でシンプルなデザインです。

外側のカメラ周りにはMOFTのロゴが内側の中央部にはMagSafeの円が描かれています。

サイドの電源ボタンと音量ボタンはこんな感じ。押しやすい用に上下に穴が空いています。サイレントスイッチは人差し指でも切り替えしやすい穴サイズです。

matu

電源ボタン側も押しやすい用に上下に穴が空いています。

実際に手持ちのiPhone 14につけてみた感じはこんな感じです。ケースのフチが画面より高くなっています。下向きに置いても画面が接触しないので傷の心配はありません。

カメラ部も下にしても接触しないフチの高さ、内側なホコリやゴミの付着がつかない隙間はなくジャストサイズの仕上がりです。背面は透明(クリア)となっているのでケースを付けてもAppleのロゴを常に見えます。

装着前
装着後

下部のスピーカー、Lightning端子はピッタリサイズの作りとなっています。Lightning端子は太いコネクタでも挿さる余裕のある穴サイズです。

「MOFTスタンド」は素材にヴィーガンレザーを採用。高級感がある仕上がりです。

「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース」へはケースの上からそのまま貼り付けてみるとこんな感じになります。スタンドは折り紙のように組み立てます。スタンド以外にバンカーリングとしての利用も可能で手持ちのときのグリップ力がより上がります。

matu

折りたたんで使えるはMOFT製ならではの仕様です。

横置きにすれば動画視聴やゲームプレイなどが、縦置きすればSNSや通話をしながらなど作業が快適になります。

ケース本体の重さは35gとケースとしては重い類のデザイン。スタンド本体の重さは42gとなっており総重量は77gになります。

MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースレビューまとめ

この記事は「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース&スタンドセットレビュー|磁力強めなケースと便利性抜群なスタンドのお買い得セット」について書いてきました。

これまで数々のiPhoneアクセサリーを試してきましたがMOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースは一番シンプルでMagSafeの磁力が強めな完成度がかなり高いケースです。

また、スタンドはMOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケースと合わせて使用することで動画、SNSの閲覧が快適になり、バンカーリングとしても使える隠し機能もあります。

内側にはカード類が最大3枚まで入る仕様は利用頻度が高い定期、クレジットカード、証明書などを入れておけばいつでもスッと出せる便利な機能となっている。

価格は7,000円台とセットで買うことで単品よりも280円もお得になる「MOFT iPhone 14シリーズMagSafe対応ケース&スタンドセット」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次