\ 新春SALE 2023 /

【iPhone14とiPhone12mini比較】乗り換えてわかった!外観・カメラ性能・使用感を徹底比較

2022年9月にiPhone14シリーズが発売されました。

今iPhone12miniを使っている方で、バッテリー持ちの面で「そろそろ買い替えようかな」と思っている方は多いはず。購入予定ではあるけどiPhone12miniとどこが違うのか気になりますよね。

そこで今回は、iPhone14とiPhone12の違いを比較していきます。

iPhone12miniユーザーだった私が、実際にiPhone14を購入してよかった事や比較をしての気づいた点を書いていきますので、買うべきかどうかで悩んでいる方は参考にしてくださいね。

目次

iPhone14を購入してよかった理由

結論を先にお伝えすると、iPhone12miniからの買い替えは正解でした。2年の間、良いところもあれば悪いところもあったiPhone12mini。

片手に収まるサイズ感とベゼルレスなことや6.1インチの「iPhone 12Pro」より小さいながら性能が同じなところがiPhone 12miniの良さでした。

しかし、64GBの容量の限界、バッテリーの劣化、Face IDの使い勝手など、使いはじめの頃はあまり気にならなかったこの3つが使い続けるうちにネックとなり買替えの足かせになりました。

そんな思いを抱いているタイミングで、価格は高いですが性能的にiPhone13と変わらずカメラ性能が向上したiPhone14が登場しました。

私個人の意見としては、ナイトモードが改善されたカメラ性能に満足してることはもちろんのこと、12miniよりバッテリー持ちが改善され、モバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなったことが買い替えてよかった断言できます。

とはいえ、これだけではiPhone12miniから買い替えた魅力は伝えきれないので、仕様を比較しながらもう少し詳しくiPhone14を購入してよかった理由を解説していきたいと思います。

iPhone14とiPhone12miniを比較

iPhone14とiPhone12miniを比較について紹介していきます。是非、購入の参考にしてみてくださいね。

iPhone14とiPhone12mini比較【価格】

iPhone14が発売された2023年1月時点で、iPhone12シリーズは12(無印)のみの販売(Apple公式)となりました。12miniはMVNO(格安SIM)、通販サイトのみの販売となっています。

iPhone14とiPhone12miniの価格の違いは、次のとおりです。

ストレージ容量64GB(税込)128GB(税込)256GB(税込)512GB(税込)
iPhone14119,800円134,800円164,800円
iPhone12 mini71,28076,320100,080円

上記のiPhone14はApple公式サイトで購入する場合の税込価格とiPhone12miniはワイモバイルで購入する場合の比較した一覧表です。

iPhone12miniの最小ストレージは64GBモデル、iPhone14は倍の容量の128GBモデルから選ぶことが可能です。

128GBモデルでの価格差は4万円程度となっていますが、バッテリー持ち、カメラ機能を踏まえるとiPhone14を購入したほうがお得といえます。

iPhone14とiPhone12mini比較【性能】

Appleより引用

iPhone14とiPhone12miniのスペック面の違いを比較していきます。

モデルiPhone14iPhone12 mini
CPU(プロセッサ)A15 BionicA14 Bionic
RAM(メモリ)6GB4GB
ROM(ストレージ)128GB、256GB、512GB64GB、128GB、256GB
ディスプレイサイズ6.1インチ5.4インチ
カメラ性能デュアルレンズカメラ
(12MP広角+12MP超広角)
デュアルレンズカメラ
(12MP広角+12MP超広角)
バッテリービデオ:最大20時間
ストリーミング:最大16時間
オーディオ:最大80時間
ビデオ:最大15時間
ストリーミング:最大10時間
オーディオ:最大50時間
充電性能MagSafe(15W)
Qiワイヤレス充電(7.5W)
高速充電対応
MagSafe(15W)
Qiワイヤレス充電(7.5W)
高速充電対応
SIMnanoSIM・eSIMnanoSIM・eSIM
認証方式Face ID(顔認証)Face ID(顔認証)
5G対応対応対応
その他衝突事故検知機能 衛星通信の緊急SOS

iPhone14からminiモデルは廃止 。メモリやカメラ性能は向上していますが、少し高くなっただけであまり変化を体感することはできません 

とはいえ、iPhone14はメモリが6GBに増量。バッテリーやプロセッサ性能の向上によって、iPhone12miniよりもiPhone14のほうが連続使用時間は大幅に伸びています 。

また、衝突事故検知機能、衛星通信の緊急SOS機能が追加。携帯電話や Wi-Fi の電波が届かないところでも緊急通報サービスからテキストで発信できるようにもなりました。

衛星の仕組み

衛星通信を利用してiPhone と接続を行い、衛星経由の緊急 SOS は、iPhone 14 または iPhone 14 Pro のアクティベーション後 2 年間は無料で利用できます。

iPhone 14 で衛星経由の緊急 SOS を使うには?

今新しいiPhoneを買おうか迷っている方は、カメラや新しい体験にこだわりたいならiPhone14を日本人好みのコンパクトさをもとめるなら中古でiPhone 12miniまたはiPhone SEをおすすめします。

iPhone14とiPhone12mini比較【カメラ】

Appleより引用

iPhone14とiPhone12miniのカメラ性能について比較していきます。iPhone14とiPhone12miniのカメラはともに、1200万画素のデュアルカメラを搭載しています。

iPhone14とiPhone12miniの比較は以下のとおりです。

モデルiPhone14iPhone12 mini
メインカメラ広角レンズ:1200万画素
(F値1.5 / センサーシフトOIS) 
超広角レンズ:1200万画素
(F値2.2)
広角レンズ:1200万画素
(F値1.6/ センサーシフトOIS) 
超広角レンズ:1200万画素
(F値2.4)
フロントカメラ1200万画素(F値1.9)1200万画素(F値1.9)
光学手ブレ補正
シフト手ブレ補正
セキュア認証顔認証顔認証
シネマティックモード 4K撮影24fps/30fps
4K 撮影24fps/25fps/30fps/60fps24fps/25fps/30fps/60fps
1080p撮影25fps/30fps/60fps25fps/30fps/60fps
スローモーション撮影

画素数やレンズの数は同じですが、iPhone12miniでは縦の配列、iPhone14では斜めの配列となりレンズはより大きくなっています。

左:iPhone12mini 右:iPhone14

f値をみると、iPhone14は劣っているようにみえますが、f値は値が少ないほど明るい写真やボケ感のある写真が撮れる値。

この場合、iPhone14の方が数値が少ないのでより明るい写真を撮れることを意味します。

これにより、暗いシーンでの撮影が向上。ナイトモードが超広角カメラやインカメラでも使えるようになり使い勝手がよくなりました。

静止画撮影

iPhone14とiPhone12miniの静止画撮影機能についても比較していきます。

手ブレ補正は、iPhone12miniは光学式であったのに対し、iPhone14はセンサーシフト式の光学レンズを採用。

モデルiPhone 14iPhone 12
機能・センターシフト光学手ブレ補正
・2倍の光学ズームアウト
・最大5倍のデジタルズーム
・True Toneフラッシュ
・Photonic Engine
・Deep Fusion
・写真のスマートHDR 4
・ポートレートモード
・ポートレートライティング
・ナイトモード
・フォトグラフスタイル
・光学式手ぶれ補正
・2倍の光学ズームアウト
・最大5倍のデジタルズーム
・True Toneフラッシュとスローシンクロ
・Deep Fusion
・写真のスマートHDR 3
・ポートレートモード
・ポートレートライティング
・ナイトモード

手ぶれによるカメラのゆれをセンサーが検知し、検知したゆれを打ち消してくれる特性がある。従来よりも手ぶれの影響のない画像を撮影することができます。

また、iPhone14では、明暗の差が大きいシーンを撮影した時の白飛びや黒つぶれを小さくしてくれる合成機能のスマートHDR 4を搭載しています。

iPhone14で撮影

撮影機能はというと、iPhone14でも性能は変わらず撮った写真の綺麗さをそのまま肉眼で見ているかのように表現をしてくれます。iPhoneX以降の方なら撮影した写真や動画の違いが分かるほど綺麗に写しだしてくれます。

細かいところでは、フレーム内の人物を最大4人まで認識が可能とし、一人ひとりのコントラスト・明るさ・肌の質感などを自動で調整してくれます。多人数での写真撮影でも、より美しい写真を仕上げてくれることが可能になっています。

ビデオ撮影

iPhone14とiPhone12miniの動画機能についても比較していきます。

モデルiPhone 14iPhone 12
ビデオ撮影・シネマティックモード
・4Kビデオ撮影
・1080p HDビデオ撮影
・ドルビービジョン対応
・HDRビデオ撮影
・アクションモード
・ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正
・2倍の光学ズームアウト
・最大3倍のデジタルズーム
・オーディオズーム
・QuickTakeビデオ
・1080pスローモーションビデオ
・ナイトモードのタイムラプ
・ステレオ録音
・4Kビデオ撮影
・1080p HDビデオ撮影
・ドルビービジョン対応
・HDRビデオ撮影
・ビデオの光学式手ぶれ補正
・2倍の光学ズームアウト
・最大3倍のデジタルズーム
・オーディオズーム
・QuickTakeビデオ
・1080pスローモーションビデオ
・ナイトモードのタイムラプス
・手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
・ステレオ録音

iPhone14のビデオ撮影機能は、シネマティックモードとアクションモードが追加された以外iPhone12miniから大きな変化はありません。

とはいえ、撮影後にフォーカスを変えたりボケ具体を調整したりすることが可能なシネマティックモード。iPhoneだけで映画のような映像を簡単に作ることができる。

シネマティックモードとは

被写体がフレームに入ると自動的にフォーカスを合わせてくれる機能

アクションモードは、ジンバル(ぶれ補正機)は要りませんとAppleが断言するほどの、強力な手ぶれ補正の機能。特殊な機材などで手振れ補正しないと、映像がかなりブレますが、アクションモードではスムーズに撮影することができます。

iPhone14とiPhone12mini比較【ディスプレイ】

iPhone14とiPhone12miniのディスプレイは、ともに、最新技術の有機EL 「Super Retina XDR」を搭載。消費電力が少なくバッテリーの持ちが良い特徴があります。

モデルiPhone14iPhone 12mini
ディスプレイ方式Super Retina XDRディスプレイ(有機EL)
6.1インチオールスクリーンOLEDディスプレイ
Super Retina XDRディスプレイ(有機EL)
5.4インチオールスクリーンOLEDディスプレイ
解像度2,532 x 1,170ピクセル 460ppi2,340 x 1,080ピクセル 476ppi
コントラスト比2,000,000:1コントラスト比(標準)2,000,000:1コントラスト比(標準)
画面の明るさ標準:800ニト HDR:1,200ニト標準:625ニト HDR:1,200ニト
HDR
耐傷性セラミックシールドセラミックシールド

ディスプレイサイズと言うと、iPhone12miniは5.4インチと小さく一回りコンパクトとなっていましたが、iPhone14は6.1インチと大きく見やすい画面。

iPhone14ディスプレイ
iPhone12miniディスプレイ

動画やweb閲覧には最適なサイズもあって長時間視聴しても目が疲れることがありません。

iPhone14とiPhone12mini比較【本体サイズ・重量】

iPhone14とiPhone12miniの本体サイズと重量は大きく違います。

違いは、以下のとおりです。

機種iPhone14iPhone 12mini
本体サイズ高さ146.7×幅71.5×厚さ7.80mm高さ131.5×幅64.2×厚さ7.40mm
重量172g133g

iPhone12miniと比較して、iPhone14のほうが本体の厚みは0.4〜0.45mmほど分厚くなっており、全体的に重量が増加しています。

また、iPhone14のほうが10gも重くなっており、実際に保護フィルムやスマホケースをつけて、手に持ってみると重量差に驚きを隠せません。

iPhone14を長時間持つと手が疲れてくるのは正直な感想、より軽いモデルのスマートフォンが欲しい人は、iPhone12を選んだほうが良いでしょう。

iPhone14とiPhone12mini比較【本体カラー】

Appleより引用

iPhone14とiPhone12の本体カラーや色の違いは、次のとおりです。

モデルiPhone14iPhone 12mini
カラー・ミッドナイト
・パープル
・スターライト
・(PRODUCT(RED
・ブルー
・ブラック
・ホワイト
・(PRODUCT)RED
・グリーン
・ブルー
・パープル

iPhone12mini では、全6色の本体カラーとなっており、iPhone14では、グリーン以外は同じラインナップとなった全5色となっています。

ただ、iPhone14のパープルやブルーは薄色であり、濃色のiPhone12miniと違い女性からも好まれやすいカラーになっています。

iPhone14とiPhone12mini比較【デザイン】

デザインはiPhone14はとiPhone12miniともに、筐体にはアルミニウムボディをカバーガラスには、「ほとんどの金属よりも硬い」ナノセラミッククリスタルを組み込んだ「Ceramic Shield」を採用しています。

モデルiPhone14iPhone 12mini
デザイン・背面光沢ガラス仕上げ セラミックシールドを採用
・全体的に角ばったデザイン
・背面光沢ガラス仕上げ セラミックシールドを採用
・全体的に角ばったデザイン

決して「絶対に割れない・傷がつかない」わけではありませんが、床に落としたぐらいでは、ディスプレイは割れたりしていません。

iPhone14背面
iPhone12mini背面

安価なスマートフォンのガラスよりも頑丈で、従来モデルより11%薄く、15%小さく、16%軽くいのが特徴。細かな点では、iPhone14の音量ボタンや電源ボタンが、従来よりもやや下部に配置されるようになっています。

iPhone14とiPhone12mi比較【Touch ID(指紋認証)】

iPhone14とiPhone12miniは、どちらもFace ID (顔認識)を搭載。

iPhone14シリーズから不便とも言われているFace ID (顔認識)を指紋認証センサー(ディスプレイ内蔵型)との併用にするとの噂がされました。

結果的に搭載されず、iPhone14シリーズ はFace ID (顔認識) のみ、指紋認証センサー(ディスプレイ内蔵型) は2023年以降のiPhoneになりそうです。

iPhone14とiPhone12mini比較【ストレージ容量】

iPhone14とiPhone12miniのストレージ容量の違いは、iPhone12miniは最小ストレージが64GBモデルからiPhone14では128GBモデルからとストレージ容量が2倍になっています。

モデルiPhone14iPhone 12mini
ストレージ容量128GB/256GB/512GB64GB/128GB/256GB

ストレージ容量が2倍になっている分、価格も上がってはいますが、カメラ性能の進化に伴い、撮影した写真や動画データが大きくもなっているので、より大きなストレージ容量となっているのは理にかなっていると言えます。

個人的には、このストレージが問題で買い替えしたと言っても過言ではありません。

なぜなら、iPhone12mini購入時は価格(コスト)を抑えるために64GBを選択。しかし、購入してから一年後にストレージ不足となり、1枚(3.8MB)の写真を数十枚とる度に定期的にPCへ処理することが増えてしまいました。

そんなこともあり、iPhone14では128GBを選択。結果、写真撮影(HEIF形式)は10万枚ほど撮影が可能となりiPhone12miniで悩んでいたデータ不足が解消しました。

iPhone 14の購入を検討中で、電話・メール・ネット閲覧が主だけど、ゲームや動画をダウンロードしない、コストを抑えたいのであれば、お手頃な128GBモデルがおすすめです。

iPhone14とiPhone12mini比較【バッテリー】

iPhone14とiPhone12miniのバッテリー容量は、筐体サイズの違いはありますがiPhone14は大幅に向上しています。

バッテリー容量の違いは、次のとおりです。

モデルiPhone14iPhone 12mini
電池容量3,279mAh2,227mAh
ビデオ再生最大20時間最大15時間
ストリーミング再生最大16時間最大10時間
オーディオ再生最大80時間最大50時間

iPhone12miniでは、たとえ新品であっても容量が2,227mAhと小さく、バッテリーの劣化が激しいためモバイルバッテリーの携帯は必須。

一方で、iPhone14は3,279mAhとその差は2倍近くあり、iPhone12とくらべてもその差は大きく違います。デザイン、仕様は変わっていませんがバッテリーの持ちと言う点では大きく変わっています。

モバイルバッテリーは重いから携帯したくない方は、上手く使えば1日フルに使えるiPhone 14に乗り換えると良いでしょう。

iPhone14とiPhone12mini比較【5G通信】

iPhone14とiPhone12miniは、どちらも5G通信に対応。

iPhone12シリーズから採用された5G通信は、いまだSub-6しか対応しておらずミリ波の利用は未定となっています。

モデルiPhone14iPhone 12mini
5G通信
Sub-6
ミリ波××

5G通信のミリ波には対応していないので注意が必要です。

Sub-6とは

6GHz未満の周波数帯のことを示し、通信速度に関しては4Gとの違いはありません。

iPhone14とiPhone12mini比較【SIM】

iPhone14とiPhone12miniは、どちらのもnanoSIMとeSIMに対応。デュアルSIM運用で、2つの電話番号で、プライベートと仕事を使い分けるなどの運用方法が可能です。

モデルiPhone14iPhone 12mini
nanoSIM
eSIM
デュアルSIM運用○(条件付き)

iPhone14シリーズでは、eSIMでのデュアルSIMに対応、iPhone12miniでは、物理SIMとeSIMの組み合わせでのデュアルSIM運用といった違いがあります。

デュアルSIM運用で考えるならiPhone14ですが、物理SIMでと考えるならiPhone 12miniでも十分と言えます。

iPhone14とiPhone12mini比較【充電機能】

iPhone14とiPhone12miniの充電コネクタは、どちらもLightning端子が搭載されています。

モデルiPhone14iPhone 12mini
ワイヤレス充電
高速充電○(最大7.5W)○(最大7.5W)
MagSafe充電○(最大15W)

また、どちらも磁石を使った「MagSafe」充電に対応。MagSafeによって充電部の位置ずれを気にする必要がありません。

USB-C端子を待ち望んだ方には残念ですが、これまでと同様のLightning端子なので余計な出費をしたくない方にとっては嬉しいポイントです。

ちなみに、iPhone 14に付属しているLightningケーブルは、急速充電に対応。電源コネクタ側がUSB-Cとなっていますので、USB-C端子のコネクタを準備しておくことをおすすめします。

iPhone14とiPhone12mini比較まとめ

iPhone12miniからiPhone 14に変えてから半年くらい使ってみましたが、新しい端末のワクワク感以外はたるものの、大きさ以外の部分で際立った違いなどは見受けられません。

とはいえ、バッテリーの持ちとカメラ性能の向上は目を光らせるほどの魅力がコスパは高いと言えます。

結論としては、高性能なiPhoneが欲しいならiPhone14をコスパを重視したい人、サイズや重量にこだわりがない人はiPhone12miniをおすすめしたいです。

この記事を読んで、ぜひ自分に合ったiPhone選びをしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次