iPhoneの機能が大幅に変わる最新iOS16の情報まとめ

Appleは、6月7日未明に開催した世界開発者会議(WWDC22)が開催。年通り、ソフトウェア関連に注目した発表とみられ、AppleデバイスのOSアップデートを発表されました。

中でも気になるのが「iOS 16」のベータ版発表です。それに伴いiOS 15までは対応していた「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone 7」「iPhone SE(第1世代)」が非対応にると発表。

発表後、史上最大のアップデートと話題になるほどの今回の発表。ロック画面や横向きに対応する顔認証Face ID、既読を未読に戻せたり削除できるメッセージアプリ、ようやく経由地を追加できるマップアプリが提供されるようになります。

この記事では、Appleが6月7日未明に開催したイベントの中で発表した「iOS16」で追加される機能や変更点をまとめてみましたので、機能の詳細や感想をお伝えしていきます。

最新IPhoneの詳細記事はこちら!

目次

イベントで発表されたiOS16の内容

2022年6月7日にWWDCのイベントで発表されたiPhoneの最新OS「iOS16」の主な機能は下記の通りとなっています。

ホーム画面
  • 複数のロック画面作成および切り替え
  • ロック画面のカスタマイズ機能
  • ロック画面上にウィジェット表示
  • ロック画面上の通知が画面下部に表示
  • ロック画面上でのライブアクティビティ表示
機能
  • 集中モードの設定が簡単に
  • 集中モードフィルタ
  • ビデオ内のテキストをコピペ操作可能
  • 写真、ビデオ、カメラのテキスト認識
  • アプリのショートカットをSiriから実行(設定不要)
  • 音声入力とキーボードを同時に使用
共有機能
  • iCloud共有写真ライブラリ
  • 共有ライブラリで編集内容が同期
  • カメラ撮影後に瞬時に写真共有
  • 共有タブグループ
メール

送信したメッセージを編集や取り消し
メールの検索機能の進化
送信したEメールを取り消し

セキュリティ・ヘルスケア

Safariとパスキー
ヘルスケアアプリのアップデート
iPhone上でApple Watchを操作

アプリ
  • マップの経路上に複数の経由地を追加可能
  • マップ上でSuicaなどの残高をチャージ
  • ウォレットアプリ内で注文の追跡

以上が、Apple公式ページで新機能として紹介されている内容です。

iOS16アプデートはいつ公開?

新しい機能は発表されたはいいものの、iOS16いつリリースされるのか、対応機種はどうなるのか気になるところ。

Appleのイベント「WWDC」では、日本時間の6月7日にiOS16が発表され、ベータ版が先に公開されることが発表されました

すでに、ベータ版は開発者向けに公開され利用可能ですが、一般ユーザーには何か不具合が生じた場合でも、自力で解決しなければなりませんのでおすすめできません。

正式な公開は、例年通りなら月の下旬あたる9月下旬ごろになると思われますので、それまで気長に待ちましょう。

iOS16アプデートの注意点

iOS16のアップデートはiPhone8以降のモデルが対応。それ以前のiPhoneはアップデート対象外となります。

対象外となるiPhoneは下記の通りです。

対象外となったiPhoneシリーズ一覧
  • iPhone7シリーズ
  • iPhone6Sシリーズ
  • iPhoneSE(第一世代)

以上が対象外のiPhoneに紹介です。対象外の機器は、最新の機能や各アプリの使用ができなくなったりします。

また、現行機種と比べて動作が重たくなったり、熱を持ちやすくなる可能性が出てくるので留意が必要です。

おさえておきたいiOS16の新機能

誰もが気になるiOS16ですが、数が多いためiOS16の新機能をピックアップしてご紹介して行きます。

ロック画面が大幅刷新

Apple公式より

iOS15まで固定だったロック画面の時計表示。これが、iOS16からロック画面の時間の後ろに写真の人物を配置したり、日付や時間のフォントやカラーなどの変更や天気やフィットネスに関することがアップデートされ利用できるようになります。

ロック画面のカスタマイズとウィジェット表示が可能に

カスタマイズ可能となったことで、フォントや種類の色といった要素を自分らしく、天気やフィットネスに関するウィジェットを自由に追加をすることができます。

また、複数のロック画面を作って、その日の気分に合わせてスワイプして切り替えるなど、自分らしくカスタマイズできるようもなります。

そのほかのロック画面上の変更内容は下記の通りです。

通知の表示位置
通知は画面下部に現れ、リスト表示や積み重ね表示が可、非表示にすることが可能。
集中モードと連動
仕事やパーソナルなどの集中モードに合わせて、ロック画面の使い分けが可能。
ライブアクティビティ
アクティビティの状況をロック画面上でチェックできるようになる。
集中モードが簡単でより便利に
新たな設定では、通知を許可するか受け取らないようにするかの設定が可能。「集中モード」とも連携できるようになります。ロック画面の切り替えで集中モードの切り替えも可能になります。

また、フィルタの設定も可能で、たとえば、仕事であれば、仕事に関連する通知のみ表示するといった切り替えが可能です。

共有機能が充実

Apple公式より

iOS16では、iCloud内での写真共有ができる「iCloud写真共有ライブラリ」が追加されます。そのほか、子供のアカウント管理やメールの削除など、これまでできなかったことができるようになるので、よりiPhoneの使い勝手が良くなります。

iCloud共有写真ライブラリ

共有写真ライブラリは、選んだ写真やビデオが最大6人のユーザー共有される機能。例えば家族が使うiPhoneの(写真アプリの)ライブラリを自動で同期されたり、カメラアプリにはあらかじめ設定しておくと、写真を送信できるようにボタンが設けられるようになります。

子供のアカウント管理を簡単にできる

iOS 16では、子ども向けのアカウントがより簡単になり簡単に設定することが可能になります。スマホに子どものアカウントを設定することで各種アプリやネットにおける子供用のペアレンタルコントロールを設定できるようになります。

ペアレンタルコントロールとは

子供によるゲームやスマホ、ネットの利用を親が監視し制限すること

また、設定後の利用制限が過ぎた場合、子どもからのスクリーンも可能。リクエストはメッセージアプリに表示、承認や却下はメッセージから送れる。手間をかけずに子どものスマートフォン管理をすることができます。

送信したメッセージを編集や取り消し

個人間でメッセージをやり取りする「メッセージ」機能も進化します。一度送信したメッセージを編集したり、削除したりすることが可能に!

Apple公式より

最近のメッセンジャーアプリの多くがこうした機能に対応しているだけに、待ち望んだ人が多い機能ではないでしょうか。

また、離れたユーザー同士が映像や音楽などを共有できる「SharePlay」もメッセージに追加されます。

テキストの操作中に、SharePlayが利用できるようになれば、動画を視聴しながらチャットを楽しむことができるようになります。

セキュリティ・ヘルスケアの大幅改善

Apple公式より

iOS16から新たに、Medications(薬)管理機能が追加されます。薬・ビタミン・サプリメントなどリスト作成や管理ができたり、服用スケジュールとリマインダー通知の作成など接種量の追跡ができるようになります。

また、セキュリティがこれまでより強化されユーザーが手動で二段階認証のワンタイムパスコードを入力する必要がなくなります。

強化されたSafariとパスキー

iOS 16より安全にサインインできるパスキーが新設されます。パスキーとはパスワードを使わない認証機能ことで、Webサービスやアプリなどへのログイン時に、パスワードではなくAppleデバイスの生体認証を利用する機能です。

Appleデバイスの生体認証とは、Touch IDまたはFace IDの認証のことを示し、使い古されたパスワードの代わりになるとしています。

パスワードを不要となるとセキュリティ的に大丈夫かといった不安を抱く人もいることでしょう。しかし、予測が簡単なパスワードを排除することに加え、パスワードそのものを不要にするので、フィッシング詐欺による被害が起きる可能性を下げることができます。

また、パスワードが最初から存在しなければ、データ侵害が起きても「パスワード」を盗むことが不可能。一般的な2段階認証よりも安心して利用することができます。

ヘルスケアアプリのアップデート

iOS16から服薬管理ができるヘルスケアアプリが追加されます。医薬品、ビタミン剤、サプリメントなど日頃から利用している薬を「リスト」を作成して、服用の記録や管理をすることができるようになります。

また、スケジュールやリマインダーを作成することも可能で、これを利用すれば、飲み忘れを防いでくれるので正しく服用できるようになります。

最新iOS16の情報まとめ

Appleは、6月7日未明に開催した世界開発者会議(WWDC22)で、AppleデバイスのOSアップデートを発表。 

その中で、iOS16はロック画面、集中モード、共有、メール機能など過去にない最大のアップデートになる見通しです。

主に、ロック画面に関連することが多く、使い方次第でiPhoneをより便利になること間違いないので、秋のOS公開まで待ち遠しいことでしょう。

今後は、新たな情報や機能の詳細が分かり次第更新していく予定ですので、引き続き読んでいただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次