iPhoneSE2とiPhone8の違いを比較

Apple
スポンサーリンク

こんばんは!matuです。

今回は、2020年5月上旬に発売されるAppleの新型「iPhone SE」は最新のiPhoneとほぼ同じ性能にも関わらず、安さが売りでデザインはiPhone8と同じだと言われています。

低価格なのにハイスペック!

ちょっと魅力的な新型iPhone SE

iPhone8と同じデザイン

そんな、2つの機種を今回は比較して記事にして紹介したいと思います。

スポンサーリンク

最高のお買い得なiPhone

Appleがこのほど発売した低価格モデルの「iPhone SE」。

最上位モデルの「iPhone 11」シリーズと同じチップを搭載しながら、日本での価格は44,980円からに設定されている。

シングルカメラでバッテリー容量が少なめという違いはあるが、値段・性能からみて最高にお買い得なiPhoneと言っていいでしょう。

スペック比較

機種 iPhone 8 iPhone SE2
CPU A11 Bionic A13  
第3世代ニューラルエンジン
外側カメラ 約1,200万画素  約1,200万画素 
内側カメラ 約700万画素  約700万画素 
ディスプレイ 約4.7インチ  
(1,334×750 326ppi)                                     
約4.7インチ  
(1,334×750 326ppi) 
RAM   2GB  3GB
ROM  64GB・256GB 64GB・128GB・256GB
電池容量    1,821mAh   1,821mAh
防水等級 IP67 IP67
連続待受   約240時間 約240時間
高さ×幅×厚さ   約138.4×67.3×7.3(mm) 約138.4×67.3×7.3(mm)
重量    約148g  約148g
その他  Touch ID     第2世代Touch ID
カラー シルバー・ゴールド・スペースグレイ
ブラック・ホワイト・RED

誰が買うべきなのか?

 もちろん、iPhoneの上位モデルも購入したくない人、Face IDに抵抗がある人、ガジェットが小さいのを利用したい人。

上位モデルが誇るさまざまな機能は備えていないが、それらすべてを本当に使いこなす人なんてめったにいない。

また、「iPhone 8」以前の機種をもっていても、アップグレードしたいと考えている人にも向いている。

デザインは?

デザインは、まさしくiPhone8だ。このひと言で説明を終わらせたいほどである。

付け加えるなら、ホームボタンが戻ってきたことを歓迎する人はいるだろう。

顔認証システム「Face ID」の代わりに指紋認証になったことを、“退化”だと感じる人も多いだろう。

だが指紋認証なら、ポケットから取り出せば、顔まで持ち上げたり支払い端末に近づけたりするまでに、すでにロックが解除される。

これは明らかな利点だ。

色はブラック、ホワイト、レッドから選べるが、正面側はブラックで統一されている。

小さめのスクリーンはデザイン上は利点になる。まさに、片手で操作したい人たちのためのスマートフォンなのだ。

また、背面はガラス製になっているおかげでワイヤレス充電に対応している。

スペックの違いは?

iPhon8との違いは、CPU・RAM・ROMにTouch IDである。

iPhone SEのCPUは「iPhone11」で使用されている(ニューラルエンジン)を搭載している。

違いは、iPhone 8の「A11 Bionic」より40パーセント速いことだ!また、RAMは2GBから3GBに増えている。

5Gサービスに非対応ながらもビジネスモデルを考えてeSIMに対応しているが大きな違いだろう。

弱点

iPhone SEの大きな弱点はバッテリー。

高速充電がサポートされてはいるものの、「1,821mAh」というバッテリー容量は上位モデルのiPhoneと比べてもかなり少ない。

まとめ

 iPhone SEの購入を考えるなら買いである。低価格、バランスのとれたスペック構成で非常に素晴らしいiPhoneになっている。

ただ、Androidから乗り換えようかと心が動いているなら、バッテリーのもちがデメリットなのでその点を考慮して選んでもらいたい。

既存ユーザーには、上位機種には手がでないという方にはオススメである。

おわり

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました