【ELECOM M-BT19BBBK レビュー】BlueLED搭載・Bluetooth 対応のコンパクトデザインなワイヤレスマウス

スポンサーリンク

こんにちは!ガジェット大好きなmatuです。

皆さんが普段使用しているノートパソコンのパッド機能。指先で操作できる便利機能にもパソコン操作に慣れていなくて疲れたり、パッド操作で疲れてしまう。

悩み

毎回のキーボード入力からパッド操作への繰り返しに手が疲れてしまう

パソコン操作に慣れていないから長時間の作業は疲れる

また、マウスを購入するにもパソコンのポートに空きがなく購入に移せないことも。

そんな悩みを解決するべく、今回、購入したのが「ELECOM製のワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」 です。

パソコン操作に慣れていない、マウスが欲しいけどUSBポートに空きがない。そんな方向けに操作がしやすく便利なELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」を紹介していきます。

この記事はこんな方に向けて書いています

・ノートパソコンのパッド操作に疲れてしまう人

・ノートパソコンの作業を快適にしたい人

・マウスが欲しいがUSBポートに空きがない人

スポンサーリンク

持ち運びを考えるならコンパクトなELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」がおすすめ

市場に出回っているマウスは様々なタイプとサイズがあります。購入する利用目的を決める必要があります。

オフィスや自宅などをメインにする方なたなら大きさはあまり気にする必要はありません。しかし、外出先やカフェで作業する場合はマウスを持ち出さないといけません。

大きいものを選んでしまうとカバンの中でかさばり持ち運びにくいなどの問題が発生します。そのような方にはスリムでコンパクトなマウスがおすすめ。

私が選んだ、ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」はスリムでコンパクトが売りカバンに入れてもかさばらず持ち出しに便利です。

たまに外出する際に持ち出すことがあるのですが、コンパクトでケーブルがないのでカバンの中でかさばることがないで便利なマウスです。

matu
matu

外出で持ち出すならコンパクトなマウスがおすすめ!

ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」のスペック・外観

ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」のスペック

ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」のスペックを紹介します。

  スペック詳細
カラー ブラック
ハードウェアプラットフォーム タブレット
対応OS Windows,macOS
電池 2 単4形 電池(付属)
商品の重量 140 g

 

購入サイト

ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」の外観

マウスの正面は、シンプルにシンメトリーデザインで、真ん中にはスクロールが配備されています。

マウスの横面は、湾曲したデザインに手がフィットしやすさを感じ取れることができます。

マウスの大きさは「幅63.5 mm ×奥行98.4mm ×高さ39.5 mm」で質量は約64g(電池なし)と軽量設計。

電池を入れてもそれほど重たいと感じなので、カバンの中に入れて持ち出してももかさばらない大きさなので持ち運びに適していると言えます。

また、Bluetoothマウスは、USBレシーバーの必要がなくパソコンとの接続ができるので、USBのポート不足に悩んでいる方や作業環境をスッキリしたい方におすすめなマウスです。

USBレシーバーとは

無線マウスや無線キーボードとPCのやりとりを仲介する送受信機(アダプタ)。

ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」レビュー

ELECOMのワイヤレスマウスの特徴は3つ

ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」の特徴をまとめると以下の通りです。

マウスの特徴

・USBポートを使わずにパソコンと接続できる。

・省電力なBluetooth 4.0を採用で電池が長持ち。

・手の小さい男性の方や女性の方にはフィットするコンパクト設計。

では、この3つについて詳しく紹介していきます。

BluetoothマウスはUSBレシーバーが不要なマウス。

PCマウスは、有線タイプ無線タイプの2種類があります。後者にはさらに、Bluetooth(ワイヤレス)とUSBレシーバーが必要なマウスの2種類が存在します。

Bluetooth(ワイヤレス)は、ケーブルが絡まることがなく持ち運びやすいのが特徴で「有線タイプやUSBレシーバーを必要とするマウス」よりも作業性と機能性に優れています。

デメリットとしては、低価格なPCの多くはBluetoothが非対応だったりします。

Bluetoothマウスはケーブルのストレスから解放してくれる。

ワイヤレスマウスの特徴は、なんといってもUSBポートを使わずにパソコンと接続できること。

操作性は、BlueLED技術を採用しているので場所を選ばずに快適に操作することができる上に、省電力なBluetooth 4.0を採用しているから電池の持ちがいい。

有線マウスで感じていたケーブルの処理と操作を一気に解決してくれます。

USBポート不足に悩んでいるならBluetoothマウスがおすすめ

ワイヤレスマウスの読取り方式はBlueLEDを採用しています。

BlueLEDは、小さな凹凸やホコリがあっても正確に光が反射し、場所を選ばずに快適に使用できる方式でガラス面や透明シート、カーペットの上でも動作することができる特徴を持っています。

光学式は、安価なマウスではあるが光の反応が弱く上手く反応しないデメリットがあります。

初心者には安価で手頃なマウスがたくさんあるのでちょど良い気がしますが、余りにも安価なものを買ってしまうとまったく反応しない商品に出会ってしまうので後悔することになります。(初心者が目利きするには難しい)

トラックボール式は、手首を使わず指先で操作を行うので長時間作業に向いています。しかし、クセのあるマウス なので慣れるまで時間がかかるのがデメリット。

操作に慣れていない初心者にとって不向きなマウスと言えます。

その点、BlueLEDは平な場所であれば反応がとてもよく操作のしにくさでストレスを感じたりもしない。

ガラス面や透明なシートでも気にせず使えるのでマウスに慣れていない方におすすめと言えます。

matu
matu

マウス選びに困っているなら、反応がいいBlueLEDが採用されているマウスがおすすめ。

無線マウスのデメリットである電池のもちはどうなの?

Bluetooth 4.0は省電力に優れた規格です。マウスの仕様書では、連続動作時間は約238時間で連続待機時間は約750日(全く利用しなかった場合)と仕様となっています。

あくまで仕様ですので作業環境によって若干のズレなどがあり途中で電池がなくなることも考えられますが。

そうならないために、マウスには、お知らせ機能というものが搭載されていますので時間を気にすることなく安心して使用することができます。

matu
matu

本体に関するトラブルはマウスの裏面にQRコードが貼られています。

URK検索せずに即アクセスできるので覚えておきましょう。

私は、購入して3ヶ月ほどなので参考にはなりませんが、利用開始から3ヶ月経っても電池の「交換サイン」は今のところ表示されません。仕様書では、想定電池使用期間は「約476日」と書かれていますが実際にそうなのか検証したいところです。

ちなみに、付属品として電池が付いています。

この電池はお試し品なので仕様の「約476日」どころか3ヶ月も持たない電池です。手元に電池がないという場合は除き利用は避けた方がいいでしょう。

ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」の1回の電池交換で稼動できるおおよその使用以下の通りです。

・連続動作時間 約238時間

・連続待機時間 約750日

・想定電池使用期間 約476日

手に収まりの良い形状が特徴なシンメトリーデザイン

マウスのサイズは、手にジャストフィットするMサイズです。ですが、手の大きな男性の方には少々小さいかもしれません。

デザインは、シンメトリーデザインを採用。収まりが良く、しっかりと握ることができるので安定した操作ができます。

matu
matu

シンメトリーデザインが手にフィットして操作がしやすい。

ELECOMのワイヤレスマウス「M-BT19BBBK」のまとめ

この記事は【ELECOM M-BT19BBBK  レビュー】BlueLED搭載・Bluetooth 対応のコンパクトデザインなワイヤレスマウスについて書いています。

ノートパソコンのパッド操作に疲れる、USBポートの空きがないけどマウスを使いたい。

そんな方は一度、Bluetooth対応でBlueLED搭載のマウスを選んでみてください。

きっと、操作のしやすさに感動するはずです。

終わり

コメント

タイトルとURLをコピーしました