【いまさら聞けない】スマートフォンの「SIMカード」と「eSIM」の違いを紹介

スマートフォン
スポンサーリンク

こんばんは!ガジェット大好きなmatuです。

皆さん、最近のスマートフォンに「eSIM」と言われる技術があることをご存知ですか?

eSIMを簡単に説明するとこんな感じです。

・SIMカードの機能が端末に組み込まれいる。

・いつでもすぐにインターネットが利用できる。

・契約時にSIMカードが到着するのを待つ必要がない。

おそらく、多くの方は「eSIM」ではなく「SIMカード」を利用されている方がほとんどだと思います。

スマホ初心者の方やスマホを持っている方でこの手のことは苦手という方は、特に「eSIM」の言葉を知っている方は少ないのではないでしょうか?

筆者は、今後、普及しいずれは「SIMカード」がなくなる日が訪れると思います。

訪れた際、初心者の方が初めから「eSIM」を利用することがあるかもしれません。

今回は、このような状況になっても困らず対象できるようこの記事を書かきましたのでよかったら最後まで読んでいただけると嬉しいです。

それではいきましょう。

<<この記事はこんな方におすすめ>>

・スマートホンを利用している初心者の方

・スマートホンを利用しているけど情報収集が苦手な方

・eSIMのことを知らない方

スポンサーリンク

SIMカードとeSIMの違いは何が違うの?

SIMカードとeSIMの違いは、端末の本体にカードを挿入するかしないかです。

SIMカードは、端末のSIMスロットに挿入する。

eSIMは始めから本体に挿入されている

この2つの違いを項目ごとに紹介していきたいと思います。

SIMカードの特徴と種類のおさらい

いまさらではありますが、SIMカードについて特徴と種類を紹介させていただきます。

SIMカードとは、加入者情報や電話番号などが記録されたカードのことで、SIMカードが装着されてなければ、通話やデータ通信、SMSの送受信、キャリアの各種サービスを利用することができません。

次に、SIMカードの種類について簡単ではありますが紹介します。

カードの種類 サイズ 暑さ 開始年
標準SIMカード
25mm×15mm 0.76mm 2008年頃
microSIMカード 15mm×12mm 0.76mm 2010年頃
nanoSIMカード 12.3mm×8.8mm 0.67mm 2012年頃
matu
matu

表を見ると2年周期に開発が進み、その度にサイズが小さくなっていることがわかるね。

現在、主に利用されているのはnano SIMです。はじめに利用されていた、標準SIMは現在生産がされておらずそれに対応する最新の機種もありません。

次に、SIMカードのメリットとデメリットを紹介します。

SIMカードのメリット・デメリット

ご存知の方が多いと思いますが、ここでは初心者の方も読んでいる方もいると思いますので簡単ではありますが、メリットとデメリットを紹介します。

<SIMカードのメリット>

・SIMカードに対応する対応機種が多数あるので選択に困らない。

・対応しているキャリアの数が多いので選択の幅が広い。

<SIMカードのデメリット>

・SIMカード紛失時は利用ができなくなる。

・SIMカードのタイプが多数あるので判別がつかない。

・キャリア変更(MNP)ごとにSIMを交換する必要がある。

SIMカードのメリットは、なんといっても対応機種が多いことに尽きます。SIMカードの種類が多いので、SIMフリーで利用する際はカードのサイズが分からなくなる問題がありますが、カードに対して対応できる機種が多いので判別さえしっかりできれば困ることはありません。

キャリアについても取り扱いの幅が広く、大手キャリア以外を選択したい方にとっては選択が多いのはメリットになります。

しかし、カードを紛失したり機種変更(キャリア変更)するたびにSIM交換が必要になるデメリットがあります。

eSIMカードはどんな技術なの?

そもそも、eSIMとはどんな技術なのか?記事の始めに紹介ではざっくりな紹介でしたので、ここではより詳しく深掘りして紹介したいと思います。

まずは、eSIMの特徴3つを紹介します。

その後に、3つの特徴をそれぞれの項目ごとに分けて紹介させていただきます。

<eSIMの特徴>

スマートフォンなどの端末本体にあらかじめ埋め込まれている。

複数の携帯電話情報を保存できる。

デュアル SIMで複数の回線を使い分けできる。

matu
matu

eSIMの最大の特徴はカードを必要とせずに即設定を行えば利用できる点です。

eSIMは端末本体にあらかじめ埋め込まれている。

eSIMの最大の特徴は、端末本体にあらかじめ埋め込まれているので、電子情報があれば即時開通して利用することができます。

SIMカードの販売店舗を探したり、SIMが郵送されるまで待つ必要はありません。また、SIMカードを交換するための取り出しツールやクリップを用意する必要もありませんので経済的で即時性に優れています。

eSIMは複数の携帯電話情報を保存できる。

2つ目の特徴は、複数の携帯情報を保存することができ、プロファイルさえあれば端末からの操作で簡単に切り替えることができます。対応している機種であれば、スマートフォンの操作をすることなく自動でネットワークの切り替えも可能です。

デュアル SIMで複数の回線を使い分けできる。

SIMカードとeSIMの両方を利用できるデュアル SIM端末を利用することで複数の回線を使い分けることができます。

利点は、片方をビジネス用の番号で利用しもう片方の番号をプライベートで利用することができるので端末を2台もつ必要がなくなります。

eSIMのメリットとデメリットを紹介

eSIMの特徴について紹介が終えたところで、次にeSIMのメリットとデメリットを知っておいてもらいたいので紹介させていただきます。

<eSIMのメリット>

・数分でネットにアクセス可

・開通時の手間を省ける

・脱着の手間が不要

<eSIMのデメリット>

・対応している機種が少ない。

・対応しているキャリアが少ない。

・キャリアが少なくプラン料金が割高感がある。

メリットは、カードが不要なので脱着の必要がなくなり紛失や故障へのリスクがなくなります。

また、「SIMカード」が郵送(SIMフリーに限る)されるまで待つ必要がなく、即日開通が可能です。即時利用したい方にとってはオススメですが、普及してまもないこともあり、対応している機種とキャリアが少ないのが問題です。

SIMカードとeSIMカードの違いまとめ

SIMカードとeSIMについてそれぞれまとめると下記の通りになります。

1.SIMカードは抜き差しは必要だけど、eSIMは端末の内臓にされいるので抜き差しする手間が不要です。

2.SIMカードは対応の幅は広いけど、eSIMは端末とキャリアの数が少ない。

eSIM対応の端末とキャリアサービスを紹介

ここまで、eSIMについて紹介してきましたが、実際に利用するには対応する端末が必要です。

デメリットで紹介していますが、eSIM対応端末とキャリアの数が少ないのが問題点です。

また、大手3大キャリアは、eSIMのサービスをおこなっていません。

背景には、情報漏洩などセキュリティに関することやガイドラインなどの環境整備がなされていないのが問題にあるそうです。

普及には、まだまだ遠く端末と取り扱っているキャリアは少ないですが、それぞれの項目に分けてeSIMについて紹介させていただきます。

eSIM対応している端末はあるのか?

現在市場で販売されいる、eSIM対応のスマートフォンの普及率は低いです

真っ先にeSIM対応を行ったのはAppleのiPhoneシリーズでその次に、Google社のPixelシリーズです。

後発になりますが、楽天モバイルからもeSIM対応の「RakutenMini」が販売されています。

Googleと楽天モバイルの対応機種はすくないですがiPhoneシリーズの数は多いので下記で紹介させていただきます。

<対応機種>

・iPhone SE(第2世代)  

・iPhone 11 

・iPhone 11 Pro 

・iPhone 11 Pro MAX 

・iPhone XS 

・iPhone XS Max 

・iPhone XR  

・Google Pixel 4 

・Google Pixel 4L

・Rakuten Mini

eSIM対応キャリアサービスを紹介

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアは対応していない

対応しているキャリアは以下の通りです。

・IIJmio

・楽天モバイル

・BIC SIM

 

もう少し存在すると思いましたが、3キャリアしかありませんでしたね!

この3キャリアの中で、気になったのが「BI C SIM」です。

数多く、存在する中ではじめて目にするキャリアでした。

そんな、BIC SIMを少し調べてみました。

初めて知ったBIC SIMとはどんなサービス?

BIC SIMとはビックカメラがIIJmioとコラボして提供している格安SIMです。

「ビックカメラ」のビックをとって、BICSIMとはとてもわかりやすい名称です。

matu
matu

BICって・・・そのままではないか!

BIC SIMが提供するeSIMの名称は「いいSIM」といいます。

変な名称だなーと思ってしまった筆者ですが、サービス内容はIIJmioが親元なのでサービス内容は同じで、唯一違うのがBIC SIMは、全国のビックカメラ店舗内に設置された「格安SIMカウンター」で、回線契約をおこなうことができます。開通からご契約後のアフタフォローまで手厚いサポートが受けられるそうです。

まとめ

eSIMは便利な技術であると筆者は感じいます。カードの脱着の必要がなく、即時開通ができるメリットがあります。

この記事は、紹介してませんがeSIM化が進めば、資源の発生を抑えれるので自然環境にもよい影響をもたらすと思います。

後は、大手3キャリアが慎重になっている、セキュリティや環境整備が早期に確立すれば普及も進んでいくでしょう。

何年後には、メジャーなサービスを期待して私は次の記事を書くとします。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました