新型iPhoneのリークから購入を考える時期がきた!

Apple
スポンサーリンク

こんにちは!iPhone好きなmatuです。

今回の記事は、今年の秋ごろに発売予定の新型iPhoneのコラム記事をお届けします。

というのも、毎年この時期になると新型のリークがあがりはじめます。

リークが上がれば例え噂であっても、iPhone好きな私はとてもワクワクします。

現在は、iPhone8を利用しているのですが、そろそろ「NEWバージョン」なiPhoneを手に入れたい

願望が出てきました。

スポンサーリンク

新型iPhone12の発表時期は?

現行の「11」シリーズは昨年9月20日に発売されましたが、今回の新型iPhoneの登場は10月になる見通しだと、Appleが明らかにしています。(2020年7月30日発表情報)

例年より1ヶ月遅い発売になりそうですが、その間に資金と利用方法を考える時間にするとします。

それは良いとして、私の密かな悩みはRakuten mobileで、新型iPhoneが利用できるのであろうか?

発売まで、ソワソワしながら待つことになりそうですな・・・

因みに、アップルの関係者は以下のようなことを述べています。

マエストリ最高財務責任者(CFO)は30日の決算発表後の電話会見で、今年は(9月下旬の)数週間後に供給できるようになる予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/

気になるiPhone12のスペックはどうなの?

新型となれば、やはりスペックが一番気になるところです。

カラーとかフォルムは正直どんな形であれ、最終的に選ぶのはスペック。

iPhone11からどれほど進化するのか?

多くの方は、ここに対する期待が高いと私は思っています。

以下は、噂になりますがこうなるであろうスペックと本体デザインを紹介します。

まずは、本体デザインから紹介。

<本体デザイン>

・発売機種は4タイプ(12,12Max,12pro.12ProMax)

・素材はアルミニウムとステンレススチールの2タイプ

・Proの2種のみ20W USB-C電源アダプタを同梱予定

噂ではありますが、下位機種にはUSB-C電源アダプタが同梱の構想がないようで、コスト上の問題か上位との差を考えているのかもしれません。

コストというなら、巷はでは5Gに対応するとの噂ですから端末自体の単価もそれなりに上がるのでそのことも考えてられます。

続いて、スペックを紹介。

<<スペック>>

・3Dセンシングカメラを搭載

・フルスクリーン指紋認証

・CPUはA14 Bionic

・RAMは4GBと6GB

・容量は128MB /256MB /512MB

・5G対応

CPUの性能は毎年変わるので余り驚きはしませんが、カメラの性能と5G対応というのが賛否が分かれるのではと思います。

iPhone11のカメラ「デザイン」は正直にいうと「ボトムズ」が頭に思い浮かんでしまう・・・

あ!失礼しました。

開発者の方・11を好きな方に対する批判ではありませんのでご了承ください。

11では2レンズと3レンズだったのが、12ではクアッドカメラ搭載の4レンズになるともいわれています。

また、精度を向上する技術でLiDARスキャナを搭載するそうです。

上記のスペック通りなら、予想される価格が10万を超えくるだろうな〜

悩ましい・・・。

iPhone12はLTEと5Gの2種類?

スペックの紹介に上がっていましたが、iPhone12から高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに初めて対応するそうです。

新型iPhone12は、LTEモデルが10月中、5Gモデルが11月にそれぞれ発売されるとの情報が流れています。

しかし国内では、現状5G回線が使用できるスポットは主要な駅や空港、スポーツで使用されるスタジアムなどに限定されてるので、今すぐ必要な機能なのか?と思ってしまう。

それに、各社の5Gプランと端末の値段が従来より上がることになりそうなので、購入したは良いが宝の持ち腐れになりそうでならない。

まとめ

新型iPhoneが発売されるであろう月日まで2ヶ月ほどあります。

恐らく、その間は様々な情報が飛び交いますが正規な発表がされるまで待つとしましょう。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました