Macの便利な機能!ショートカットキーで作業効率が上がる方法

Mac
スポンサーリンク

こんにちは!Apple大好きブロガーのmatuです。

今回は、Mac又はMacbookを初めて購入した方が悩むキーボード操作について紹介します。

さっそくですが、Mac又はMacbookを初めて購入した方でこんなことで悩んでませんか?

・ショートカットキーが分からない。

・コピー&ペーストの操作が分からない。

・ブラウザのタブをショートカットキーで切り替えたい。

この問題はキーボードの基本操作や便利なキー操作を覚えれば解決します。

しかし、初心者の方やパソコン操作が苦手な人はPC内のヘルプなどを使いこなすことは難しい。

また、キーボード操作は慣れているけどWindowsからMacに移行した方にとっては不慣れなキー操作。

このような上記の悩みを、Macbookを利用して6ヶ月の私matuが実体験を元に記事にしました。

また、前の記事で「Macキーボードの操作がしづらい原因」についても書いています。こちらも読んでいただけると今回の記事がより理解できるかと思います。

それではいきましょう!

この記事はこんな方におすすめ!

Mac初心者の方でキーボード入力に困っている方

WindowsからMacに移行して操作に慣れていない方

初心者ではないけれどMacのキーボードに慣れていない方

スポンサーリンク

Macの便利なショートカットを覚えよう!

文章、画像・動画編集、ネットサーフィンで、保存・編集・コピーの操作を行うには「メニューバー」から項目を選択する。またはキーボードの「ショートカット」キーを入力して操作する。

どちらの方が作業の効率が良いかと言われると、当然後者の方が作業効率へ繋がります。

理由は、マウスあるいはトラックパッドでの操作は一動作ごとにマウスカーソルを操作し「メニューバー」の保存・編集・コピーを選択する。この操作を毎回行うのはストレスです。

このストレスを解消する1つがショートカットキーを利用することなんです。

コピー&ペーストの基礎から応用を覚えて作業効率化

皆さんが日々利用するパソコン操作で、かならずと言っていいほど利用する「コピー&ペースト」機能。

今回はその機能の応用を説明します。

基礎の説明については過去の記事で「WindowsとMacキーボードの配列の違い」で基礎の説明をしています。

こちらを読んでない方は、まず基礎を読んでから今から説明する「応用」に進むことをおすすめします。

既に理解している方は、そのまま読み進めてください。

応用① 部分選択のみコピー&ペーストするキー操作

コピー&ペースト機能の部分だけ選択とはどういう意味なのか?またどんな時に利用するのかを分かりやすく説明します。

まず初めに、この機能はどんな時に利用するのかというと「複数あるデータの中から必要なファイル&データのみを選択したい」時に利用します。

しかし、必要なファイル&データのみを選択と文章で説明しても分かりづらいと思いますので、ここらは画像を取り入れてより詳しく説明したいと思います。

因み、説明する条件はファイル内のデータ移動です。

移動したい元ファイルと新規ファイルを開く

開いたら、元ファイルのところにカーソルを合わせてキーボードの「Command キー」を押しながらトラックパッドまたはマウスをクリックする。

選択が終わったらドロップ(スライド)またはコピーの「ショートカットキー」を入力する。(コピーは「Command+C」)

新規ファイルにコピーしたファイルをペーストします。新規ファイルにカーソルしてペーストの「ショートカットキー」を入力します。下記のように新規ファイルにデータがコピーできたら完了です。(ペーストは「Command+V」)

部分選択のみコピー&ペーストするキー操作まとめ

部分選択のみコピー&ペーストするキー操作は「複数あるデータの中から必要なファイル&データのみを選択したい」時に便利な機能なので是非この機会に覚えておくと良いでしょう。

応用② 全範囲を選択しコピー&ペーストするキー操作

コピー&ペースト機能の全範囲を選択とはどういう意味なのか?またどんな時に利用するのかを分かりやすく説明します。

まず初めに、この機能はどんな時に利用するのかというと「複数あるファイル&データを全て選択したい」時に利用します。

しかし、全範囲を選択と文章で説明しても分からないと思いますのでここらは画像を取り入れてより詳しく説明したいと思います。

因み、説明する条件はファイル内のデータ移動です。

移動したい元ファイルと新規ファイルを準備して元ファイルを開く

開いたら、元ファイルのところにカーソルを合わせてキーボードの「Command +A」キーを選択する

選択が終わったらドロップ(スライド)またはコピーの「ショートカットキー」を入力する。(コピーは「Command+C」)

新規ファイルにコピーしたファイルをペーストします。新規ファイルにカーソルしてペーストの「ショートカットキー」を入力します。下記のように新規ファイルにデータがコピーできたら完了です。(ペーストは「Command+V」)

全範囲を選択しコピー&ペーストするキー操作まとめ

全範囲を選択しコピー&ペーストするキー操作は「複数あるファイル&データを全て選択したい」時に便利な機能です。これを覚えておくだけで何十個、何百個のデータを一括で選べることができるので便利です。

コピー&ペーストの内容を確認するアプリ「クリップボード」を利用する。

コピー&ペーストの基礎と応用の説明は終わりました。ここではクリップボードという機能を紹介します。

上記の説明の流れでコピーした内容がきちんと保存されているのか気になる方に便利な機能なので普段はあまり利用することはありませんが、こんな機能があるんだと頭の片隅に覚えていてくれれば嬉しいです。

クリップボードとはどんな機能?

クリップボードとはMac(Mac book)やiPhoneなどで文字や画像などを一時的に保存する場所。

クリップボードに文字が一時保存されているおかげでコピー&ペーストが実現可能になります。

クリップボードの中身を見るにはFinderアプリを使用する。

クリップボードの中身をはMacのFinder内にあります。

クリップボードを表示する方法は下記の通りになります。

Macの「Dock」からFinder選択する。

Finderを開く

メニューバーの「編集メニュー」を選択する

「クリップボードを表示」を押すとクリップボードが現れます。

クリップボードまとめ

クリップボードはMacのFinder内にある!

最後にクリップボードされた中身、つまりコピーした最後の履歴が表示される。

また、更に便利なクリップボードを拡張できる「アプリ」を使うことでより作業がしやすくなります。

このアプリについては、今回は説明を行いませんがまた別の記事で紹介したいと思っています。

ブラウザで複数のタブを開いている場合はタブ切り替えを利用しよう!

現在のブラウザは全て「タブブラウザ」と呼ばれるものになっています。

タブとは複数の画面を1つのウィンドウで切り替えて使う機能です。昔のパソコンのブラウザーはタブでなかったため、複数のサイトを見たい場合、その都度、ブラウザーを起動する必要がありました。(かなり面倒くさいです。)

簡単に説明すると、Aのページには価格ページを開いてBのページに機能のページを開いて比較する。

このように比較をする場合にとても役立ちます。

タブ切り替えの使い方はどうやるの?

タブ切り替えは、開いているアプリケーションの中で直前に使用したアプリケーションに切り替えることができる。

これをショートカットキーで操作するには「Command+Tab」キーを入力します。

この操作を覚えるだけで、画面上に複数のブラウザをキーボード操作のみで切り替えることができるので便利です。

まとめ

最後に、MacBookを購入してから6ヶ月たった今でもキー操作に四苦八苦しています。

私の体験はこれで終わりではありません、まだまだ皆さんに紹介したいことは沢山あります。

今後も情報を発信していきますのでよろしくお願いします。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました