iOS14の発表された新しい3つの機能を紹介!

Apple
スポンサーリンク

こんにちは!情報配達人のmatuです。

待ちにまった「WWDC2020」が6月22日、初のオンラインで開催されました。

「WWDC2020」って何だと思われている人はここで軽く説明します。

スポンサーリンク

WWDC2020とはどんなイベントなのか?

WWDC2020とは、Worldwide Developers Conference (ワールドワイドデベロッパーズカンファレンス)と呼ばれAppleが年次で開催しているイベントです。

主に「技術者・開発者」を対象とし、最新技術の説明を行う場である。

特に、アップルが開発した技術(OSや新機能)や開発途中の情報などをいち早く知りたい、メディアやユーザが目を光らせているくらい注目度が高いイベントなのです。

イベントでは、多くの発表がされる中どれも注目度が高いものでした。

今回は、このイベントで発表され特に気になった、3つの機能を深く説明したいと思います。

iOS14 新しい3つの機能!

アップルがiPhone向けに発表した機能は3つです。

3つの発表
  1. ウィジェットに対応
  2. App Libraryの新機能
  3. App Clipsの新アプリ

1.iOS 14の新機能「ウィジェット」と「widget gallery」

iOS 14で新たに開発された機能「ウィジェット」は、Androidのようにホーム画面へ追加できるようになります。

この機能のメリットは、最初のホーム画面に必要な情報を「ウィジェット」を利用するとニュース、スケジュール、天気が固定表示され余計な操作をすることなく閲覧することができます。

ウィジェットの特徴
  • ホーム画面に配置できる
  • 時間帯ごとに最適なウィジェットを表示する機能もある。
  • 他のアプリの利用中に表示することができる。

また、この機能とセット的な意味で発表されたのが「widget gallery」です。

これは、ウィジェットを追加・カスタマイズするために必要なものになるそうです。

現iOSでも、似たような機能はあります。

ありますが、操作に手間がかかるので利用しているの少数ではないでしょうか?

因みに操作方法は、ホーム画面の状態から右にスワイプするれば固定ページが表示されます。

iOSがAndroidの機能に似せてきた?

最近のアップルは、アプリがAndroidのように自由度が拡大してきている。

iOS7で発表された「コントロールセンター」の発表を覚えていますか?

当時は、後発的なアイデアであるとメディアから批判さていました。理由は、Androidが先にこのシステムを採用してたから。

それ以降のアップルは、徐々に「固定感」が強よかったアプリイメージから自由度のあるアプリへシフト、これは開発者に取っては良い方向に進んだといえます。

アプリの互換性、開発コストなど多くのコストを改善できる。

これらを踏まえ、ウィジェット採用はよりAndroidに似てきたのではないかと感じる。

2.iOS 14の新機能「App Library」

次に、App Library となる新機能の紹介です。

この機能は、ホーム画面の末尾に追加される多数のアプリに素早くアクセスするなど、画面操作のストレスを大幅に軽減してくれる機能です。

特徴は大まか3つあります。

ホーム画面にある大量のアプリ(アイコン)に素早くアクセスできる。

→これはiPhoneにインストールするアプリが増えるほど、利用頻度の低いアプリや後のページに置かれたアプリが出てくる。そのアプリがいざ必要となった時に、なかなか見つからないことが多い。それの問題を解決してくれるがApp Libraryである。

最近インストールしたアプリを右上にが表示されるようになる

  →他のアプルに関しては、カテゴリーごとにまとめられる。

ホーム画面のページにあるアプリを、カテゴリーごとに自動で整理できる。

→専用画面(App Library)でジャンル別に一覧にすることができる。

App Library特徴まとめ
  1. ホーム画面に増えすぎて、探せないアプリをスムーズに検索できる。
  2. 右上に「最近インストールしたアプリ」が表示される。
  3. ホーム画面のページにあるアプリを、カテゴリーごとに自動で整理

3.iOS 14の新機能 ミニアプリ「App Clip」と「Clip Card」

App Clips(アプクリップ)とは、スピーディにさまざまなアプリやサービス、ショッピングを利用する時に必要な機能の一部を提供する機能です。

matu
matu

一部と言われてもイメージが湧きませんよね?

記事の深掘りをします。

はじめに、カフェでコーヒーを買うことを想像してください。

一般的に購入手順はこうなります。

①コーヒーショップを探す&決める。

②店に入ってコーヒ決めて注文をする。

③最後にお会計をする。

これが一連の流れです!

この流れを、アプリで行うとこうなります。

①コーヒーショップの前に立つと、Siriから提案される。

②Siriから位置情報に基づいた提案をデバイス(スマホ)に表示されます。

③システム(アップル)が提供するClip Card から、 すぐに App Clipを使ってドリンクを注文する

https://developer.apple.com/documentation/app_clips より出典

理解することが難しいかもしれませんが、簡単に説明すると「Siri」が利用者の求めるものを検索して、その

店(システム提供店)の情報をスマホに表示してから注文・支払いが素早くできる仕組みです。

App Clipsのコンセプトは「軽く、スピーディで、見つけやすい」の3つを重視し設計を行っているおり自動車や交通機関との連携も考えているそうです。(Iot時代到来だ!)

補足ですが、支払い方法はApple Payを主とするようです。(分厚い財布を持ち歩く必要がなくなるかもしれません。)

まとめ

ios14のアップデートの発表はされましたがリリース日は未定です。過去の発表サークルから予測すると恐らく9月以降ではないかと・・・

今回紹介した3つの新機能は、とても魅力的です。イベントでは既存のアプリの使用変更(アップグレード)の発表もありましたのでひょっとしたらリリース日が遅くなるかもしれませんが非常に楽しみです。

できれば、リリース発表日までにどんな機能が増え・変更するのかを確認することをオススメします。

この記事でも十分です。システム更新後に困らないようにしましょう。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました